FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.1196



伝説の殺し屋は、復讐の果てに逃亡者となる。
ジョン・ウィック:パラベラム 
2019年アメリカ



ジョン01

 伝説の殺し屋ジョン・ウィックは、裏社会の聖域“コンチネンタルホテル”での不殺の掟を破ったため、裏社会の元締め“主席連合”の粛清の対象となり、1400万ドルの賞金首となってしまう。行く先々で刺客との死闘を余儀なくされ満身創痍のジョンは、かつて“血の誓印”を交わした元殺し屋ソフィアに協力を求めるべく、モロッコへと向かうが…。(後は映画を観て下さいね)



ジョン02

 キアヌ・リーヴスが伝説の元殺し屋を演じる大ヒット・クライムアクション「ジョン・ウィック」シリーズの第3弾です。裏社会の掟を破り、懸賞金をかけられ追われる身となったジョン・ウィックが、次々と現われる暗殺者と繰り広げる死闘の行方を多彩なアクションとともに描き出す。共演はハル・ベリー、イアン・マクシェーン、ローレンス・フィッシュバーン、マーク・ダカスコス、アンジェリカ・ヒューストン。監督は引き続きスタントマン出身のチャド・スタエルスキ。



ジョン04


たわごと03
“愛犬の恨み”は深い…。
 物語は「ジョン・ウィック:チャプター2」のラストシーンから、ほんの数分後から始まります…。〜不殺の掟を破ったジョンは、裏社会の主席連合から追われ、1400万ドルの賞金をかけられる。全世界の殺し屋から狙われるジョンは、育ての親にすがりモロッコへ逃亡。カサブランカの「ホテルモロッコ」の支配人(ハル・ベリー)とともに主席首長の元へ赦しを乞いにゆくも、ハルベリーの犬に発砲したことで彼女の怒りが爆発、大暴れしたのちジョンは、モロッコの砂漠を彷徨う…。いや〜、今回も前作以上の全編アクションの連続ですね。そして、今回も、またまた「愛犬」が絡みます、犬好きからすると、例え映画でも愛犬が死んでしまうのは、あまり観たくないもの…、ただその反面、不道徳ですが、ここまでやってくれる復讐劇には、逆にスカットして、嬉しくなってしまう。まぁ、まぁ、映画ですからね…ゴメンナサイ。(笑)
 まぁ、犬のことはさておき、この「ジョン・ウィックシリーズ」は、キアヌ・リーヴスの代表作とも言える作品に進化しましたね。懲りに凝ったアクションと斬新なストーリーとハイテンポでハイクオリティの構成…、パート1では、愛犬と愛車を奪われ、パート2では家を焼かれ、パート3ではボコボコかつ同胞の裏切り、キアヌも観客(ワタシ達)も怒り絶頂!次回作でのジョン・ウィック(キアヌ)の大爆発が楽しみです!



ジョン03


ちょつと01
ブルー・ダイヤモンド
 同じ時期に、キアヌの新作ブルーレイ「ブルー・ダイヤモンド」も鑑賞しました。申し訳ないですが、これって「えっ??」って言ってしまう不思議な作品でした。「ジョン・ウィック:パラベラム」を観た直後での鑑賞だっので、この違和感は格別なモノとなってしまったのかも知れませんね…。(ご愁傷様でした)



ジョン000
▲ブルー・ダイヤモンド



※カッパの勝手な採点は…、
チャプター2は、必ず観ておいてくださいね。
七点半



カッパのみなソン
Selection vol.1195



僕はいつも、知らんぷりしていた。
こどもしょくどう 2018年日本



こども01

 小学5年生のユウトとタカシは幼なじみの親友同士。しかし母子家庭のタカシは母親の育児放棄に遭っていて、食堂を営むユウトの両親は、そんなタカシを心配して頻繁に夕食をふるまっていた。ある日、ユウトとタカシは河原で父親と車中生活をしている姉妹に出会う。やがて姉妹を不憫に思ったユウトは、2人にも食事を出してほしいと両親に願い出る。姉のミチルは遠慮がちだったが、幼い妹は素直に喜んでいた。その数日後、姉妹の父親は行方をくらまし、行き場をなくしてしまう姉妹だったが…。(後は映画を観て下さいね)



こども02

 格差が広がる日本社会で、子どもの貧困対策として注目を集めている“こども食堂”をテーマにしたヒューマンドラマです。大衆食堂を営む夫婦の息子の目を通して、現代の日本で見過ごされがちな弱者の存在に光を当てるとともに、“こども食堂”の意義をやさしい筆致で描き出す。主演は「ひまわりと子犬の7日間」の藤本哉汰、共演に鈴木梨央、浅川蓮。常盤貴子、吉岡秀隆、石田ひかり、降谷建志が脇を固めます。監督は「火垂るの墓」の日向寺太郎。



こども04


たわごと03
子どもは、親を選べない…
 2015年「国民生活基礎調査の概況」によると、相対的貧困率は15.6%、子どもで13.9%、日本の子どもの7人のうち1人は貧困という現実。誠に恥ずかしながら、この映画を観てから、この現実的な数値を知る事となりました。さて、肝心のこの映画なのですが、物語は至ってシンプルなのですが、かなり奥が深い。何よりも大人目線ではなく、あくまでも子ども目線で描いているのが素晴らしい。主人公の少年ユウトは、何処にでも居る小学生。幼なじみのタカシとは、いわゆる「いじめられっ子」。ユウトは、そんなタカシが、仲間達にいじめられてても、見て見ぬふり…。でも決してキライじゃない、いわゆる傍観者。(きっとワタシもこんな少年だった…) ある日、パンを万引きする少女ミチルとヒカル姉妹に出会う。彼女たちの様々な現実と苦悩、そして少しずつ変化していく、少年たちの思い…。そうこれは、子供たちの心の映画、そして「子ども食堂」は、ひとつの小さな答えであり、大いなる希望…。心の本質は、きっと子供(当事者)たちしか、分からないのだと思う。数々の現実と、様々な問題定義をギッシリと詰め込んだ意欲作です。ワタシ的には、映画を教育に…は余り好きじゃないけれど、この映画で先生と生徒、一緒に語り合ったらどうでしょうかね?



こども03


ちょつと01
映画のチカラを信じたい。
 もちろんこの映画からではなく、この様な地道な活動からなのでしょうが、全国に「子ども食堂」が増え続けているそうです。1年間(2018〜19)で約1,400ヶ所増えて、全国に少なくとも3,718ヶ所も!先日亡くなられた、大林宣彦監督が語っていた、「映画で未来は変えることが出来る」…、なのかも知れませんね!

こども05
「NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ」様のデータです。



※カッパの勝手な採点は…、
心の壁を取り除こう!
七点半


映画人02
episode.11



監督01

サヨナラ、我が最愛の映画人…
監督02

 遂に、この悲しい出来事を書く時が来てしまった…、昨晩、我が最愛の映画人「大林宣彦監督」がお亡くなりになりました。実は、今日4月11日は、我が心の古里「尾道」に行く(還る)予定としてました…、しかしバカヤロー「コロナ」のために、世間一般の方々に猛反対を頂き仕方なく断念したとたんに、この訃報…。きっとコロナの影響で人(観光客)の少ない千光寺の桜が悲しげに散っているのだと思いながら監督を偲ぶことにしました。
 最新作、尾道ロケの「海辺の映画館 キネマの玉手箱」の公開予定日に亡くなってしまった監督。本当にお疲れ様でした、そしてありがとうございました。私にとって貴方は、いち映画監督ではなく、人生の道標のような存在でした。大嫌いだった初期頃の作品、ある作品から彼の想いが伝わり、大嫌いが大好きに、そして大林映画の聖地「尾道」との出会い…。私にとっての「尾道」は、まさに「関係人口」の見本のような存在。幾度訪れただろうか?尾道へ…。キラキラ光る逆光の海、汗をかきながらの坂道の路地、時折出会う街のネコたち、路地の合間から漂う生活の香り…、そして映画の足跡。そう尾道は、往くところではなく、還るところ。そして、日々の暮らしの中で、諦めかけた夢とか憧れをもう一度リバースしてくれる少年の街。
 恥ずかしながら大林監督には、無理言って何度かイベント等に協力したて頂いた時もありました…。一番の想い出は、徳島の片田舎の小さな町の小さな劇場で行った「大林宣彦映画祭in貞光」。これは凄かったです。まさに現代版のニューシネマパラダイスでした。昭和初期の当時のままの「村の映画館」で、3日間「大林作品のフィルムマラソン」、そして極めつけは、古ぼけてもまだ現役のスクリーンの前での映画的フリートーク。そしてその晩、町の小さな旅館で、地元スタッフと私、そして大林夫妻とでの映画的祝宴。(製作秘話を存分に聞かせて頂きました)人生最良の3日間を今でも鮮明に覚えてます。
 そんな数々の出来事も、今はもう想い出…、ただ彼は映画監督・映画作家です。確か監督が言ってました。「映画で過去は変えられないが、未来は変えることが出来る。」監督が生み出した、限りなくエネルギッシュな数々の作品は永遠です。きっときっと、監督の想いは、映画と共に生き続けます。本当にお疲れ様です、ありがとうございました。
 私もまずは、今をがんばります。バカヤローコロナに負けないように!

監督、お楽しみはこれからですよね!



2020.03.29 宮本から君へ
カッパのみなソン
Selection vol.1194



負けてたまるか
宮本から君へ 2019年日本



宮本01

 文具メーカーで働く宮本浩は、営業マンなのに営業スマイルもお世辞も苦手。それなのに正義感は人一倍強く、愚直で不器用すぎる男。何かと失敗を重ねながらも、先輩や上司に支えられ、少しずつ営業マンとして成長していく宮本。そんなある日、飲み会の席で会社の先輩・神保の仕事仲間の女性・中野靖子と出会い、心惹かれる。やがて靖子の家に押しかけてきた遊び人の元恋人・風間裕二の前で“この女は俺が守る”と宣言し、ついに靖子と相思相愛の仲となる宮本だったが…。(後は映画を観て下さいね)



宮本02

 不器用ながらも情熱だけは誰にも負けない熱血営業マン・宮本浩の暑苦しくも壮絶な生きざまを描いた新井英樹の傑作コミックスをTVドラマ化に続いて映画化。愛する女性を守るためにがむしゃらに突き進む主人公の姿を圧倒的な熱量で描き出す。主演は引き続き池松壮亮。共演に蒼井優、井浦新、一ノ瀬ワタル。監督はTV版も手がけた「ディストラクション・ベイビーズ」の真利子哲也。



宮本03


たわごと03
過激すぎる…、青春群像。
 凄いです、池松壮亮くんと蒼井優さん…。何というか、熱い、熱い、熱すぎる熱演。池松壮亮くんは兎も角、優さんファンのワタシとしては、ここまでやる蒼井優ちゃんは、正直見たくなかった。(個人的オッサンの感想です) ただ、映画としてはかなり良質、原作が漫画なのは一目瞭然だけれど、それはそれで、それなりのリアリティが存在し、個性派揃いのキャラクター達も生き生きと描かれています。一言で言うと「不器用な男女の恋愛物語」なのですが、今どきのアイスクリームの様なキラキラ恋愛映画とは全く異なる、痛烈な「痛み」と激しすぎる「青春」が、リアルに表現されています。ただ、それでいて何となくユーモラスでもあり、痛々しさの中にもホッとする?シーンも多々あります。有言実行を貫こうとすも、決して格好良くない、主人公の宮本君を是非ともご覧下さい!



宮本04



※カッパの勝手な採点は…、
男には、勝たねばならないケンカがある!
七点半



2020.03.20 新聞記者
カッパのみなソン
Selection vol.1193



内閣官房 vs 女性記者…
新聞記者 2019年日本



新聞01

 日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育った東都新聞社会部の若手記者・吉岡エリカは、記者会見でただ一人鋭い質問を繰り返し、官邸への遠慮が蔓延する記者クラブの中で厄介者扱いされるばかりか、社内でも異端視されていた。そんなある日、社会部に大学新設計画に関する極秘情報が記された匿名FAXが届き、吉岡は上司の陣野から調査を任される。やがて内閣府の神崎という人物が浮上してくるが、その矢先、当の神崎が自殺してしまう。神崎の死に疑問を抱いた吉岡は、やがて同じようにかつての上司であった神崎の死に疑問を持つ内閣情報調査室(内調)の若手エリート、杉原拓海と巡り会うのだったが…。(後は映画を観て下さいね)



新聞02

 “権力の監視役”としてのマスメディアの力が急速に弱まっている現代の日本で孤軍奮闘する現役新聞記者による同名ベストセラーを原案に、官邸とメディアの深い闇をリアルかつ赤裸々な筆致で描き出した衝撃の社会派ポリティカル・サスペンス。主演は「サニー 永遠の仲間たち」「怪しい彼女」のシム・ウンギョンと「不能犯」「孤狼の血」の松坂桃李。共演に本田翼、北村有起哉、田中哲司。監督は「デイアンドナイト」「青の帰り道」の藤井道人。



新聞04


たわごと03
日本映画からの挑戦状…。
 第43回日本アカデミー賞にて、最優秀作品賞・最優秀主演男優賞・最優秀女優賞を受賞…。日本アカデミー賞の主な賞を総ナメに下この東京新聞の望月衣塑子記者による書籍が原案の問題作、遅ればせながら観させて頂きました。菅官房長官の会見での質問が賛否を読んだ望月記者…、フィクションの限界を超え、「日本の闇」を“告発”する賛否両論エンタメ作…。果たしてこれは“映画”なのか?それとも現実なのか?そして、これ程までに刺激的で挑戦的な映画が、昨今の邦画に存在しただろうか?「!」と「?」が交差する感想なのですが、ワタシ的感想は「とんでもない作品が現れた」なのです。もちろん映画です、先にも書きましたが、フィクションです。その「映画的(の)挑戦状」に貴方はどう感じますか、ぜひご鑑賞下さい。



新聞03


※カッパの勝手な採点は…、
ラストシーンで松坂桃李の言葉とは…?
七点半



カッパのみなソン
Selection vol.1192



あなたのせいで、残りの人生楽しくなるなんて。
最高の人生の見つけ方 
2019年日本



人生01

 大学卒業後すぐに結婚し、以来ずっと家庭に尽くしてきた専業主婦の幸枝と、一代で巨大ホテルチェーンを築き上げた剛腕女社長のマ子。まるで世界の違う人生を歩んできた2人は、ひょんなことから病院で同室に。しかも2人とも末期ガンで余命宣告を受けたことを知り意気投合。そんな中、病院で出会った12歳の少女が書いた“死ぬまでにやりたいことリスト”を偶然手にした幸枝。これまで家族のために自分を押し殺して生きてきた彼女は、このリストを実行してみたいとマ子に打ち明ける。マ子は呆れながらも興味を示し、さっそく2人はマ子の優秀な秘書・高田を従え、リストを実現するための無謀な大冒険へと旅立つのだったが…。(後は映画を観て下さいね)



人生02

 ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの共演で2007年に製作されたハリウッド映画「最高の人生の見つけ方」を、主演に吉永小百合と天海祐希を迎え、日本を舞台にリメイクした感動コメディ・ドラマ。偶然同じ病室になり、ともに末期ガンを宣告された平凡で真面目な専業主婦と仕事一筋のワンマン女社長が、ひょんなことから病院で出会った少女の“死ぬまでにやりたいことリスト”を2人で実行していく冒険の行方をハートウォーミングに綴る。共演はムロツヨシ、満島ひかり、前川清。監督は「のぼうの城」「眉山」の犬童一心。



人生04


たわごと03
吉永小百合の新境地。
 映画女優・吉永小百合75歳…、「美しすぎる…」、誰もが口にするその一言。まさにその美しさは国宝級。そしてサユリストや映画ファンだけでなく、映画人からも愛される国民的女優。日本アカデミー賞の授賞式でも助演の天海祐希さんは、自分の事よりも、吉永さんと共演できた事の感動と感謝を口にする。そう吉永小百合主演というだけで、それはもう、私(吉永小百合)の映画なのです。そして、今回のこの作品も、もちろん「私映画」。ただ今回は、オリジナルも素晴らしく、ある意味これをリメイクすると言う企画でかなりのアドバンテージとなっている。そして監督は、わが町徳島の阿波おどりを見事に映像化してくれた、「眉山-びざん-」(自分リンクでスミマセン) の犬童一心監督。さすがは犬童監督「私映画」の中にもしっかりとしたメッセージを秘めている、昨今の吉永作品の中では、ワタシ的には、結構良い感じの出来映えだと思います。いずれにしても、もちろん吉永さんと天海さんの魅力は満載です、世界を駆け巡り、なんとスカイダイビングまでも…、彼女たちの新境地を是非ともご覧下さいね!



人生03


※カッパの勝手な採点は…、
メイキング映像を観てみたい…。
カッパ採点7点



カッパのみなソン
Selection vol.1191



復讐が〈起動〉する…。
アップグレード 2019年アメリカ



アップ01

 近未来。愛する妻アシャと幸せな日々を送っていたグレイ・トレイスは、ある日突然、謎の組織に襲われ、妻を殺され自身も全身麻痺の重傷を負ってしまう。犯人への怒りを募らせながらも何もできずに失意に暮れるグレイのもとに、巨大企業の天才発明家がやって来て、彼が開発中の最新AIチップ“ステム”を使えば、再び体を動かせるようになると提案する。グレイはこの提案を受け入れ、ステムを体内に埋め込む極秘手術を実行する。こうして再び体の自由を取り戻したグレイは、脳内で対話することもできるステムの力を借りて、憎き犯人の行方を捜し始めるのだったが…。(後は映画を観て下さいね)



アップ02

 「ソウ」シリーズの脚本などを手がけ、「インシディアス序章」で監督デビューを飾ったリー・ワネルの監督第2弾となるSFリベンジアクションです。近未来を舞台に、最愛の妻を殺され自身も全身麻痺となってしまった男が、開発段階の最新AIチップを体に埋め込むことで驚異的な身体能力を手に入れ、壮絶な復讐に立ち上がるさまを描く。主演はローガン・マーシャル=グリーン、共演にベッティ・ガブリエル、ハリソン・ギルバートソン。



アップ03


たわごと03
ええもん見つけた!
 行きつけの近所のTSUTAYA…、新型コロナの影響か普段よりも貸出中の作品が多い?皮肉にもレンタルビデオ屋さんには追い風なんだと思いながら、手にしたのがこの作品…、実は「掘り出し物」でした。お世辞にも大作・ヒット作とは言えない、近未来がテーマのSFなのですが、アイデアが斬新で素晴らしい!
 妻を正体不明の組織に襲われ殺された主人公グレイ、命は助かるものの全身が麻痺してしまう。ある企業の科学者オーナーから、人工知能チップSTEM(ステム)を肉体に埋め込む手術を受けると、回復するどころか驚異的な身体能力を持ってしまう、アナログ男の奇想天外の復讐劇。もう一人の人格「人工知能チップSTEM」との会話は、少し前に映画化された漫画「寄生獣」と少しよく似ているけれども、こちらの方が超リアル、勿論いつか訪れる近未来のお話なのですが、あり得ない出来事ではない、と言うか今でも可笑しくない現実。物語が進む程にグイグイと引き込まれていくこの感覚、良い映画に出逢えた幸せ…、コロナ騒動の真っ只中、偶然にも手にしたこの作品、ほんまに(本当に)、ええ(良い)もん見つけました。



アップ04


※カッパの勝手な採点は…、
未来は、もう始まっている…。
七点半



2020.02.24 惡の華
カッパのみなソン
Selection vol.1190



僕は変態なんかじゃ…ない。
惡の華 2019年日本



悪の華01

 周りを山に囲まれ閉塞感漂う地方都市に暮らす中学2年の春日高男。ボードレールの詩集『惡の華』を愛読し、誰とも理解し合えない孤独な毎日を送っていた。そんなある日、ふとした出来心から、憧れのクラスのマドンナ・佐伯奈々子の体操着を盗んでしまう。しかしその現場をクラスの問題児・仲村佐和に見られてしまう。そして秘密にする代わりに、彼女の命令に従うよう強要され、その変態的な要求に次第に精神的に追い詰められていく春日だったが…。(後は映画を観て下さいね)



悪の華02

 思春期特有の心の闇をセンセーショナルながらもリアルな痛みとともに鮮烈に描き大ヒットした押見修造の傑作コミックスを「片腕マシンガール」「電人ザボーガー」の井口昇監督が実写映画化した青春暗黒エンタテインメントです。鬱屈した感情を抱え悶々とした日々を送る少年が、出来心で犯した変態行為を、心に深い闇を抱えた女子に見とがめられ、さらなる変態行為を強要されていく危険な共犯関係の中で、図らずも奇妙な絆が芽生えていく暴走の行方を描く。主演は「今日から俺は!!」の伊藤健太郎と「チワワちゃん」の玉城ティナ。共演に秋田汐梨、飯豊まりえ。



悪の華03


たわごと03
激しすぎる、青春の憤り…。
 結構ハマった、テレビドラマ「今日から俺は!!」の伊藤健太郎くんが主演というだけで、観たこの作品…。まぁ、最近よくある漫画原作の青春キラキラ映画と思いや、えっ、これ、凄いですよね?? (中学2年生で何故かボードレール「惡の華」を愛する一風真面目な春日高男。彼がが憧れる、クラスのマドンナ佐伯奈々子、そしてクラスで孤立している仲村佐和。ある日の午後、春日が佐伯さんの体操着を盗んだことから…)は始まりに過ぎず、激しすぎる青春ドラマ?が繰り広げられる。「クソムシ」「変態」「クズ」などの罵声が飛び交い、表現も超過激で際どい…、お子様、ご家族鑑賞は、きっとNGの方が無難。ただ、ワタシ的には決してキライでは無く、むしろ共感できなくもない。映画としても作者の想い…、と言うか憤りがビシビシと伝わってくる。なんなんだろうこの感覚、そうかつての「ATG」作品を彷彿する空気感がなんとも刺激的。決して褒められる彼や彼女たちではないのですが、あの思春期の頃の、何となくムズムズする苛立ちは、誰もが心の中に抱え立てた「惡の華」なのかも知れませんね?



悪の華04


※カッパの勝手な採点は…、
何故か、記憶に残る一本です。
七点半



カッパのみなソン
Selection vol.1189



タランティーノがハリウッドの闇に奇跡を起こす。
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド 
2019年アメリカ



ハリウッド01

 落ち目のTV俳優リック・ダルトンは、なかなか復活の道が拓けず焦りと不安を募らせる。情緒不安定ぎみな彼を慰めるのは、リックのスタントマンとして公私にわたって長年支えてきた相棒のクリフ・ブース。固い絆でショウビジネスの世界を生き抜いてきた2人だったが、このままでは高級住宅地にあるリックの豪邸も手放さなければならなくなる。そんな彼の家の隣には、時代の寵児となった映画監督のロマン・ポランスキーとその妻で新進女優のシャロン・テートが越してきて、彼らとの勢いの違いを痛感するリック。一方クリフはヒッチハイクをしていたヒッピーの少女を拾い、彼女をヒッピーのコミューンとなっていた牧場まで送り届けてあげるのだったが…。(後は映画を観て下さいね)



ハリウッド02

 「パルプ・フィクション」「イングロリアス・バスターズ」のクエンティン・タランティーノ監督が、1969年のハリウッドを舞台に、古き良き60年代アメリカへの愛を描いたノスタルジックエンタテインメントです。有名な“シャロン・テート殺人事件”を背景に、復活を期す落ち目のTV俳優と、長年彼のスタントマンを務めてきた男の友情の行方を、虚実を織り交ぜつつ郷愁あふれる筆致で描き出します。主演はこれが初共演となるレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピット。ヒロインのシャロン・テート役にマーゴット・ロビー。



ハリウッド03


たわごと03
むかしむかし、ハリウッドに…!?
 今も時めく二大スター、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピット…、意外にもこれが初共演なんですね。それも映画の申し子クエンティン・タランティーノ監督の超意欲作で共演とは、なんともステキです。そして二人とも、それぁ、もちろん快心の演技。ご存じの通り、ブラッド・ピットは、第92回アカデミー賞助演男優賞を受賞。ただ、主演のディカプリオだって主演男優賞を貰っても可笑しくない程の熱演、ワタシ的には彼の主演作の中で今までで一番好きです。
 リック・ダルトン(ディカプリオ)は落ち目のTV俳優。イタリアのマカロニウエスタンに出稼ぎに行こうか迷っている…、落ち目とは言え、リックは豪邸で贅沢三昧。一方リックのスタントマンのクリフ(ブラッド・ピット)は、リックの精神的親友ではあるが、トレーラー暮らし…。この格差が物語のキーワードかなぁ?もちろん人気絶頂のスター・シャロン・テートを妻に持つロマン・ポランスキー監督もヒッピーの教祖でカルト教団の教祖チャールズ・マンソンも見事に絡んできます。そしてラストはタランティーノらしく、バイオレンスとサプライズ…。いろんなエピソードがてんこ盛の161分にもおよぶ超大作です、気合いを入れてご鑑賞くださいね!



ハリウッド04


※カッパの勝手な採点は…、
実は初期編集版は、4時間20分だった??
8点



2020.02.05 ジョーカー
カッパのみなソン
Selection vol.1188



本当の悪は笑顔の中にある
ジョーカー  2019年アメリカ



ジョーカー01

 大都会の片隅で、体の弱い母と2人でつつましく暮らしている心優しいアーサー・フレック。コメディアンとしての成功を夢みながら、ピエロのメイクで大道芸人をして日銭を稼ぐ彼だったが、行政の支援を打ち切られたり、メンタルの病が原因でたびたびトラブルを招いてしまうなど、どん底の生活から抜け出せずに辛い日々を送っていた。そんな中、同じアパートに住むシングルマザーのソフィーに心惹かれていくアーサーだったが…。(後は映画を観て下さいね)



ジョーカー02

 いわゆるアメコミが原作の作品としては史上初となるヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞の快挙を果たした衝撃のサスペンス・ドラマ。DCコミックスのバットマンに登場する最強最悪の悪役“ジョーカー”に焦点を当て、コメディアンを夢みる心優しい男アーサー・フレックが、いかにして社会から切り捨てられ、狂気の怪物へと変貌を遂げていったのか、その哀しくも恐ろしい心の軌跡を重厚な筆致で描き出します。主演は本作の演技が各方面から絶賛された「ザ・マスター」「her世界でひとつの彼女」のホアキン・フェニックス。共演にロバート・デ・ニーロ、ザジー・ビーツ。監督は「ハングオーバー」シリーズのトッド・フィリップス。



ジョーカー03


たわごと03
祝!キネ旬外国映画ベスト・テン第1位
 「ジャスティスリーグ」や「スーサイドスクワッド」などで、マーベルに負けじと“ユニバース”化を展開してきたワーナー…。だけども、何故か、そこから逸脱したと思いや、あれまぁ〜、とんでもない傑作が生まれちゃいましたね。ジャック・ニコルソン演じるジョーカーとバットマンの死闘を胸ときめかせて観たのが平成元年。そうあれから30年。悪のカリスマ「ジョーカー」の本質を知る事となりました。主演は、超個性派のホアキン・フェニックス。そして脇にはロバート・デ・ニーロ…、それぁ、もうこれを想像するしかないでしょ。名作「タクシードライバー」と「キング・オブ・コメディ」。そんな名作と重なり合うも、それでいて独創的かつ刺激的なのです。
 ホアキン演じるの「ジョーカー」は社会の片隅でひっそりとぼろアパートで老いた母と暮らす冴えない中年。特殊能力どころか、金も地位も無し、仕事はピエロの扮装をした大道芸人。そして皮肉にも笑い出したら止まらない持病を患っている…。そんな彼が、あの出来事を境に悪の道へと開花していきます。悪と正義…、ってなんなんだ?? もしバットマンが正義なら、彼はもちろん悪。ただ、視線を変えることで、悪と正義の定義が不確かなものとなってしまう。絶対正義も絶対悪もこの世には存在しない。そんな不確かな善悪をこの映画は見事に表現しています。



ジョーカー04

 24キロも減量したホアキン・フェニックスが階段を軽々とステップを踏みながら踊るシーンも素晴らしい、そして懐かしい60年代のBGMも心地良い…、ただ物語は悲しい、悲しすぎます。DCコミックス映画で史上初めてベネチア国際映画祭・金獅子賞受賞という快挙を成し遂げ、我が愛読書の「キネマ旬報」でも、見事「外国映画ベスト・テン第1位」に輝いた秀作です。是非ともご覧下さい!



ジョーカー05


※カッパの勝手な採点は…、
日本のダークヒーロー達に、喝だッ!

8点半