FC2ブログ
2019.08.14 サスペリア
カッパのみなソン
Selection vol.1164



決してひとりでは見ないでください。
サスペリア 2018年イタリア・アメリカ



サスペリア01

 1977年、ベルリン。世界的舞踊団“マルコス・ダンス・カンパニー”のオーディションを受けるためにアメリカからやって来たスージーは、カリスマ振付師マダム・ブランの目に留まり、晴れて入団を許される。折しも舞踊団では主力ダンサーのパトリシアが謎の失踪を遂げる事件が起きていて、彼女のカウンセリングに当たっていた心理療法士のクレンペラー博士がその行方を追って独自の調査を進めていた。そんな中、マダム・ブランに才能を見出されたスージーは、目前に迫った次回公演の大役に大抜擢されるのだったが…。(後は映画を観て下さいね)



サスペリア02

 ダリオ・アルジェント監督による1977年の名作ホラーを「ミラノ、愛に生きる」「君の名前で僕を呼んで」のルカ・グァダニーノ監督がリメイク。アメリカの若手ダンサーが入団したベルリンの舞踊団を舞台に、ダンサーの失踪をはじめ次々と不可解な出来事が起こる中、舞踊団に隠された恐ろしい秘密が徐々に明らかになっていくさまをアーティスティックな筆致で描き出す。主演は「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」のダコタ・ジョンソン。共演にティルダ・スウィントン、ミア・ゴス、ジェシカ・ハーパー、クロエ・グレース・モレッツ。またカリスマ振付師役のティルダ・スウィントンは“ルッツ・エバースドルフ”という俳優名で男性心理療法士クレンペラー博士も演じて話題に…。



サスペリア03


たわごと03
これは、なかなか、手強いぞ…??
 「決してひとりでは見ないでください。」…映画の内容は兎も角、この宣伝用のキッチコピーは、今でも鮮明に覚えてます。そう、1977年の名作「サスペリア」のリメイクと言うか、リブート??と言うか、はてさて?全くの別物と言った方がいいこの作品は、実に凄いです。と言っても何が凄いのか、非常に説明しにくい。怖いと言えば怖い、キモいと言えばキモいし不気味、かといってゲテモノではなく、社会性かつ芸術性に溢れている。そして何よりも映画としての空気感が素晴らしい。正直、理解不能のシーンも多々在り、しっかりと物語を楽しむべきモノではない。それでもグイグイと見入ってしまう映像のチカラ。暑い夏の夜に、2時間越え(尺)の恐怖を是非とも体感してみて下さい!!



サスペリア04


※カッパの勝手な採点は…、
タランティーノが、大好きらしい!
七点半





2019.08.04 天気の子
カッパのみなソン
Selection vol.1163



僕と彼女だけが知っている、世界の秘密についての物語
天気の子 2019年日本



天気01

 天候が不順で雨が降り続く夏の東京。離島の実家を家出した高校生の森嶋帆高は、なかなかバイト先を見つけられず、東京の厳しさに打ちのめされかけていた。そんなとき、小さな編集プロダクションを経営する須賀圭介に拾われ、住み込みで働くことに。さっそく事務所で働く女子大生の夏美とともに、怪しげなオカルト雑誌のための取材を任された帆高。やがて彼は、弟とふたりで暮らす明るい少女、天野陽菜と出会う。彼女にはある不思議な能力があった。なんと彼女は、祈るだけで雨空を青空に変えることができるのだったが…。(後は映画を観て下さいね)



天気02

 大ヒット・アニメ「君の名は。」の新海誠監督が再び川村元気プロデューサーとタッグを組んで贈るファンタジー長編アニメーションです。天候の調和が狂っていく時代を舞台に、不思議な能力を持つ少女と出会った家出少年が運命に翻弄されながら繰り広げる愛と冒険の物語を描きます。声の出演は主人公の少年少女に醍醐虎汰朗、森七菜。小栗旬、本田翼、倍賞千恵子、平泉成ら豪華キャストが脇を固てます。



天気03


たわごと03
これが、新海誠だぁ !?
 この前アップした「太陽の王子ホルスの大冒険」は、1968年…。さすがに半世紀以上経つとアニメの技術も技法も進化しましたね。どちらかと言えば手造り感満載の新海アニメだったのですが、大ヒットした前作「君の名は。」から驚くほどパワーアップしましたよね、特に今回は、250億円越えを達成した超ヒット作の次作なので、日本アニメ界のエキスパートたちが最高の表現力で各部の製作に携わったはず?実はワタシ的に凄く気になったのは、エンドロール見つけた、「山本二三」というクレジット。劇中の描かれた空には、「二三雲」とも呼ばれる、ボリューム感のある雲…、さすがの新海君も大先輩の山本二三先生に頼ったのかなぁ…と思うと、何となく嬉しくなってきました。ところで、話は変わりますが、肝心のこの最新作の出来映えは…、と言うと巷ではかなり賛否両論ですよね。まぁ、そうでしょ、あのラストと言うか結論で有りはじまり…。ただ、ワタシ的には「君の名は。」より、こっちが好き!この何となく、程よい居心地の悪さ(こんな表現でゴメン)が、新海さん?彼らしい…。多才なスタッフ、巨額の製作費、興行的プッシャー…等々 そんなこんな状況でも彼らしい作品を見ることが出来ました。彼が描く、こっち側の世界に何故かホッとしました。



天気05


※カッパの勝手な採点は…、
雨の描写は、彼の真骨頂!
七点半


いつかみた映画
【其の百五四】



ジブリの原点?
太陽の王子 ホルスの大冒険 
1968年 日本



太陽01

 病弱な父親と、人里離れた浜辺で暮らしていたホルス。ある日、ホルスは狼の群れに襲われるが、たまたまそこで昼寝をしていた岩の巨人モーグに助けられる。そのお礼にモーグが以前から苦しんでいた肩のトゲを抜いてやるが、そのトゲは“太陽の剣”と呼ばれる剣だった。モーグから太陽の剣を譲り受けたホルスは「その剣を使いこなすことができたなら、おまえは人々から“太陽の王子”と呼ばれて尊敬されるだろう」と告げられる。やがて父親は「人間の世界に戻れ」と言い残して他界。遺言に従って相棒の小熊とともに旅立ったホルスは、モーグや謎の少女ヒルダの力を借りて、魔王グルンワルドと対決することになるのだが…。(後は映画を観て下さいね)



太陽02「まんがまつり」の原点!
 東映動画製作の日本の劇場用アニメ映画です。公開は1968年7月21日、上映時間82分 『東映まんがパレード』 (のちの『東映まんがまつり』)の一本として上映されました。製作を宮崎駿と大塚康雄のコンビが手掛け、演出は高畑勲が担当。完成までに約3年の歳月を要したという劇場用アニメーションで、宮崎駿と高畑勲が出会い、日本のアニメ映画に初めて作家性が持ち込まれた記念すべき作品だとも言えます。


たわごと03
高畑勲、宮崎駿。そして、奥山玲子!
 毎日楽しみ観させて頂いている、連続テレビ小説「なつぞら」も、主な登場人物が出揃いましたね。もちろん、なっちゃんのモデル奥山玲子さん、中川大志さん演じる、講釈垂れのイケメン・坂場一久(高畑勲)、新人なのに少し厚かましい、染谷将太さん演じる神地航也(宮崎駿)、そして宮崎氏の奥さまとなる、三村茜(大田朱美)は、元AKBの渡辺麻友さんが演じてます。もちろん、その他にもワクワクする人達がモデルとなってるので、アニメファンにはたまらなく嬉しい朝ドラとなってま〜す。と勝手に盛り上がっているワタシなのですが、実は、WOWOWさんが、なかなか粋なシゴトをしてくれました。1968年の名作長編まんが映画「太陽の王子 ホルスの大冒険」のデジタル修正版をフルオンエアー。子どもの頃には何度かテレビの再放送で観ましたが、まさか大人(かなりオッサンですが…)になって、鑑賞できるとは…!? これも「なっちゃん」効果の賜物でしょうね!


太陽03

日本アニメの原点が、そこにある!
 今から、半世紀以上前に創られたこのアニメ、いやいや長編まんが映画…。もちろん最新のアニメ技術とは程遠い作画力なのですが、そんなの関係ないです、むしろそれ以上です!動きもスピーディだし、カット割りも多彩で斬新。キャラクターも生き生きしてて、実は半世紀前に「ジブリ作品」は仕上がっていたと言っても過言ではない出来映えです。演出・高畑勲、作画監督・大塚康生、場面設計・美術設計、宮崎駿、原画:森康二、奥山玲子、宮崎駿 等々。それぁ、面白くないワケが無いですよね!蒼々たるメンバーによる、当時としては、きっと挑戦的かつ意欲的な、まんが映画だったのでしょうね。アニメは、子どものモノ(子ども目線)の姿勢はしっかりと貫いてますが、物語が凄い…。単純な勧善懲悪ではなく、その時代をしっかりと描いています。なんと言っても、悪魔の妹・少女ヒルダの心の内面(孤独と葛藤)です。この少女を子どもまんが映画に登場さすこと…、この企画にOKを出した上層部も偉いが、それを貫いた彼ら達の勇気に感服します。実は、半世紀も前から日本アニメの戦いは始まってたのですね?日本アニメのターニングポイントで、歴史的作品です。アニメファンなら必見です。



太陽04


※カッパの勝手な採点は…、
興行的には、どうだったのだろう?
8点



カッパのみなソン
Selection vol.1162



歌って、恋して、傷ついて…、私は生まれ変わる。
アリー スター誕生 
2018年アメリカ



スター01

 ウェイトレスとして働きながらも歌手を夢見るアリーだったが、なかなか芽が出ず自信を失いかけていた。そんな時、場末のバーで歌っていたアリーの前に、世界的ロックスターのジャクソンが現われる。彼はアリーの歌声に惚れ込み、彼女を自身のコンサートに招待する。そして、いきなり大観衆が見つめるステージにアリーを呼び込み、一緒にデュエットを披露し、観客からの喝采を浴びる。これをきっかけにアリーは一気にスターへの階段を駆け上がっていくとともに、ジャクソンとも深い愛情で結ばれていくのだったが…。(後は映画を観て下さいね)



スター02

 これまでにも何度もリメイクされてきた1937年の名作「スタア誕生」を原作に、世界的歌姫レディー・ガガが映画初主演を果たし、相手役を務める「世界にひとつのプレイブック」「アメリカン・スナイパー」のブラッドリー・クーパーが記念すべき監督デビューを飾った感動の音楽ドラマ。歌手を夢見る一人の女性が、国民的人気ミュージシャンに見出されたのをきっかけに、瞬く間にスターダムへと駆け上がっていくさまと、その中で皮肉な運命が交差していく2人の間に芽生えた愛と葛藤の行方を、レディー・ガガの圧巻のパフォーマンスとともに描き出します。



スター03


たわごと03
名作は、幾度も繰り返される…。
 映画ファンにはお馴染みのこのタイトル…、今回で実に3回目のリメイク、ストーリーの大筋こそ従来作品を継承しつつもレディー・ガガの圧倒的な歌唱力と存在感、そしてブラッドリー・クーパーの熱演と監督としての熱い思い入れがビシビシと伝わる力作です。

■スタア誕生 (1937年)  
 ウィリアム・A・ウェルマン監督、ジャネット・ゲイナー、フレデリック・マーチ主演
■スタア誕生 (1954年)  
 ジョージ・キューカー監督、ジュディ・ガーランド、ジェームズ・メイソン主演。
■スター誕生 (1976年)  
 フランク・R・ピアソン監督、バーブラ・ストライサンド、クリス・クリストファーソン主演。

スター05
 ▲ スター誕生 (1976年)  バーブラ・ストライサンド

 〜となるこの作品は、1937年度版「スタア誕生」をリメイクした3度目の作品です。なんと過去3作すべてがアカデミー賞、ゴールデングローブ賞などの映画賞で有力部門を争っており、その力は世紀を跨いでも健在だったようです。製作・監督・脚本そして主演を務めたブラッドリー・クーパーは、この作品のために4年の歳月をかけて準備と役作りに挑んだということで、クーパーはボーカルレッスンや楽器演奏の特訓も受けたのだとか。それにしても歌旨い、旨すぎです!レディー・ガガ様の歌唱力は音楽に疎いワタシでも知ってますが、彼の歌唱力はそれ以上の何かを感じさせます。クーパーの歌唱力に驚いて、ガガ様の演技力に仰天?? 半端じゃない器用さに脱帽です。ただ、とあるニュースで知りましたが、映画に入れ込み過ぎたことが原因で、「ブラッドリー・クーパーとイリーナ・シェイクが破局」…。まぁ、それとこれとは違うかも知れませんが、彼にとってのこの作品は、きっと人生を揺さぶる程の作品だったのでしょうね?是非とも彼の魂の逸品をご覧ください。



スター04


※カッパの勝手な採点は…、
76年度版のバーブラの熱唱も観てみたい!
8点



2019.07.17 嘘八百
カッパのみなソン
Selection vol.1161



幻の利休の茶器で、大勝負!
嘘八百 2017年日本



嘘01

 空振りばかりの古物商・小池則夫は、娘のいまりを連れて千利休を生んだ茶の湯の聖地、大阪・堺へとやって来た。そこで落ちぶれた陶芸家・野田佐輔に一杯食わされた則夫だったが、佐輔の腕を確信し、彼にある計画を持ちかける。それは、2人が煮え湯を飲まされた古美術店店主・樋渡と大御所鑑定士・棚橋への仕返しに利休の贋物をつかませ、ついでに一攫千金を狙うという一発逆転の大勝負だったのだが…。(後は映画を観て下さいね)



嘘02

 「百円の恋」の武正晴監督と脚本の足立紳が再びタッグを組み、主演に中井貴一と佐々木蔵之介を迎えて贈る痛快骨董コメディ。騙し騙されの目利きの世界を舞台に、冴えない古物商と落ちぶれた陶芸家が一世一代の大勝負に挑む姿を描く。共演は友近、森川葵、前野朋哉、堀内敬子、芦屋小雁、近藤正臣。



嘘04


たわごと03
ウソからマコトの決定版?
 名作「百円の恋」の武正晴監督と、足立紳脚本のタッグが贈るコメディドラマです。冴えない古物商カワウソと、落ちぶれた陶芸作家トカゲ。演じるは、実力派の中井貴一と佐々木蔵之介。まぁ、このメンバーで面白くない訳がないと思いや、あれ、あれ、結論から言うと「まぁまぁ?」(普通)ですね、ご存じ「開運!なんでも鑑定団」を思わす切り口で、興味深いしテンポの良い…。役者も豪華で斬新、なんだけど別に映画じゃなくても「特番のテレビドラマ」で良かったのでは、と思ってしまいます(ゴメンね)。もう少し映画的見せ場が欲しかったのかなぁ…とも思ってしまいます。どんな文字でも真似る事できる人や、紙や箱を偽装できる人等々、不思議な特殊技能を持つ仲間たちの活躍をもう少し見たかったですね。ただ、最後のオチは内緒ですが、なかなかステキですよ!



嘘03


※カッパの勝手な採点は…、
続編に期待します!
カッパ採点7点



カッパのみなソン
Selection vol.1160



リスベット、16年前なぜ私を見捨てたの…
蜘蛛の巣を払う女 
2018年アメリカ



蜘蛛01

 冬のストックホルム。背中に大きなドラゴン・タトゥーの天才ハッカー、リスベット・サランデルのもとに、人工知能(AI)研究の世界的権威であるフランス・バルデル博士から、ある依頼が舞い込む。それは、彼が開発した核攻撃プログラムを、アメリカのNSA(国家安全保障局)から取り戻してほしいというものだった。リスベットにとっては、決して難しいミッションとは思えなかった。ところがそんなリスベットの前に、彼女の過去が思いもよらぬ形で大きく立ちはだかってくるのだったが…。(後は映画を観て下さいね)



蜘蛛02

 作者スティーグ・ラーソンの死後に発表され、日本を含む世界中でセンセーションを巻き起こした北欧発の一大ベストセラー『ミレニアム』3部作です。本作は新たな作者を迎え、その続編として発表されたシリーズ第4弾『ミレニアム4蜘蛛の巣を払う女』を、ハリウッド版「ドラゴン・タトゥーの女」の製作陣が映画化したサスペンス・アクションです。主演のリスベット役は新たに「ブレス しあわせの呼吸」のクレア・フォイ、共演にスベリル・グドナソン。監督は「死霊のはらわた」「ドント・ブリーズ」のフェデ・アルバレス。



蜘蛛03


たわごと03
凍てつくスウェーデンの風景が、痛々しくも美しい。
 スウェーデンの作家スティーグ・ラーソンの「ミレニアム」3部作の映画化は、彼の死後、本国スウェーデンで2009年に一気に映画化されました。第1作「ドラゴン・タトゥーの女」、第2作「火と戯れる女」、第3作「眠れる女と狂卓の騎士」…、確かWOWOWで鑑賞。当時“リスペット・サランデル”という今までになかった強烈な個性のある主役のインパクトは強烈でした。そしてご存じの「ドラゴン・タトゥーの女」は、アメリカ版としてリメイク。そして、その続編が、この「蜘蛛の巣を払う女」。今作のヒロイン・リスベット役は、やや小粒のはクレア・フォイ。そんな小柄な彼女が真っ黒な衣装を身につけ、オリジナル以上の過激なアクションを繰り広げます。「ミレニアム」の世界観や空気感は、しっかりと継承されていますが、良いか悪いかは別として、アメリカ映画的な要素も、かなり取り入れられています。まぁ、それ以上にエンターテイメント化され、楽しみやすくなっているとも言えます。「プログラム」の奪回を巡り二転三転するストーリー…。過激なアクション、爆破、毒ガス、カーチェイス、黒のコスチュームのリスベットに対して、紅のコスチュームの妹カミラとの対決、等々見せ場満載です!ワタシ的にはOKなのですが、「ミレニアム」ファンの方々には、どう見えたのかが多少心配ですね?



蜘蛛04


※カッパの勝手な採点は…、
WOWOWでミレニアムをオンエアーしてくれないかなぁ?
七点半




カッパのみなソン
Selection vol.1159



史上最大に、デカい建物。史上最高に、ヤバい救出。
スカイスクレイパー 2018年アメリカ



SKY01.jpg

 香港に新しく建設された240階建ての世界最大のビル“ザ・パール”。元FBI人質救出部隊のリーダー、ウィル。ある事件で片足を負傷し義足となった今は、退職してセキュリティ・コンサルタントをしていた。ある日、ザ・パールのオーナーから依頼を受け、同ビルのセキュリティ・システムの調査をすることに。こうして妻と2人の子どもを連れてザ・パールへとやって来たウィル。ところがそこへ、突如謎の武装集団が現われ爆弾テロを決行、ビルの中層階はたちまち炎に包まれる。逃げ場を失い上層階に取り残されてしまった家族を救出すべく、ザ・パールへと駆けつけるウィルだったが…。(後は映画を観て下さいね)



SKY003.jpg

 ドウェイン・ジョンソン主演のアクション・アドベンチャーです。武装グループの襲撃を受け火災が発生した香港の超高層ハイテクビルを舞台に、人質にとられた家族を救出するためにたった一人で立ち向かう主人公の決死の戦いを描く。共演はネーヴ・キャンベル、ノア・テイラー。監督は「なんちゃって家族」「セントラル・インテリジェンス」のローソン・マーシャル・サーバー。



SKY05.jpg


たわごと03
タワーリング・インフェルノ × ダイ・ハード?
 香港に建設された史上最大のビル「ザ・パール」は、なんと200階以上、高さ1000メートル超え!まさに現代のバベルの塔。もちろん、そんな馬鹿でかいビル…、何かありますよね、と言うか何かないと映画にならない?? となると、そう大火災でしょ。もちろん燃えちゃいますよ、いや燃やされます。そして、それに立ち向かうと言うか、巻き込まれるのが、我らのドウェイン・ジョンソン。それも今回は、訳あって義足…。そんな義足ドウェイン・ジョンソンが飛びます、暴れます、闘います!ワタシの大好きな、名作「タワーリング・インフェルノ 」を彷彿するシチュエーションに「ダイ・ハード」をミックスし「レンジでチン?」して出来上がったのが、このコテコテ、超カロリーオーバーな一品。この前観た「散り椿」とは、まったくの逆。行間・風情・わびさび…、そんなの全く関係ない。目を瞑ることもままならない、あれよあれよの大パニック&アクションで魅了します。何でも出来ちゃう今の映画の良い見本のようなハラハラ・ドキドキの面白さ。梅雨のうっとうしい夜に持ってこいです、是非とも観て、スッキリして下さいね!!



SKY04.jpg


※カッパの勝手な採点は…、
困ったときは、再起動 !?
七点半



2019.06.27 散り椿
カッパのみなソン
Selection vol.1158



ただ、愛のために…
散 り 椿 2018年日本



椿02

 享保15年。かつて故郷の扇野藩で平山道場・四天王の一人と謳われた剣豪・瓜生新兵衛は、藩の不正を糺そうとして失敗し、放逐された過去を持つ。そんな浪人となった新兵衛に連れ添い続けた妻・篠が病に倒れてしまう。篠は新兵衛に対して“采女様を助けてほしい”と最期の願いを託す。采女は新兵衛にとってのかつての親友にして恋敵であり、不正事件をめぐる因縁の相手でもあった。篠の願いを受け、扇野藩へと戻ってきた新兵衛は、不正事件の真相を突き止めるべく奔走するのだったが…。(後は映画を観て下さいね)



椿01

 日本を代表する名キャメラマン木村大作が「劔岳点の記」「春を背負って」に続いて3度目の監督を務め、直木賞作家・葉室麟の同名小説を映画化した本格時代劇。藩の不正を訴えたばかりに、逆に藩を追われた主人公が、亡くなった妻から託された最期の願いを胸に、再び過去の因縁に愚直に立ち向かっていく凛とした姿を、激しい殺陣を織り交ぜつつ美しい映像で描き出す。主演は「海賊とよばれた男」「関ヶ原」の岡田准一。共演に西島秀俊、黒木華、池松壮亮、麻生久美子、奥田瑛二。



椿04


たわごと03
映像にも行間がある…?
 日本映画の名カメラマン木村大作…。さすがですね、彼が創り出す「絵」だけで十分に見応えがあります。ひとつひとつのカットの隅々にまで目配りが利いている繊細さかつ大胆さ、そして沈黙、または静寂…、映し出された映像には「行間」があり、それだけで映画として成り立っています。そんな彼が、監督(3作目)として手掛けたのは、見応えのある時代劇でした。直木賞作家・葉室麟の同名小説を映画化し、主演には、アクション等には、一寸うるさい?岡田准一さん。そして共演に西島秀俊さん。ノリに乗ってる旬の2人を木村ワールドに引きずり込み、映画としての面白さを存分に魅せてくれます。ただ、木村監督からすれば、そんな人気者も映画としての手段、絵としての一部であり、風景…。段端と進む物語、多くを語らない必要不可欠な会話、等々…。よけいな味付けは無いのですが、上質の和食を頂く感覚で、ぜひご覧ください。



椿05


※カッパの勝手な採点は…、
日本って、なんて美しいんだ。
七点半



2019.06.16 億男
カッパのみなソン
Selection vol.1157



お金とは何か? 幸せはどこか?
億 男 2018年日本



億01

 失踪した兄がつくった3000万円の借金返済に追われ、妻子にも逃げられてしまった図書館司書の一男は、幸運にも宝くじが当たって3億円の大金を手にする。しかし、ネットの記事で高額当選者たちの悲惨な末路を目の当たりにして恐ろしくなり、大学時代の親友で今は起業して億万長者の九十九に相談することに…。ところが、九十九と一緒に豪遊した翌朝、一男が目を覚ますと、九十九は3億円とともに消えていた。途方に暮れた一男は、九十九の手がかりを求めて“億男”と呼ばれる億万長者たちを訪ね歩くのだったが…。(後は映画を観て下さいね)



億02

 川村元気の同名ベストセラーを「るろうに剣心」「3月のライオン」の大友啓史監督が、主演に佐藤健と高橋一生を迎えて映画化したエンタテインメント・ドラマ。親友に宝くじで当てた3億円を持ち逃げされた男が繰り広げるお金を巡る大冒険を、ユニークなキャラクター満載に描く。共演は黒木華、池田エライザ、沢尻エリカ、北村一輝、藤原竜也。



億03


たわごと03
お金ってなんだろう…?
 一男(佐藤健)は、何も考えずに保証人になり、3000万円の借金…、妻と娘があるが別居中で、借金を返済して再び家族が一緒に暮らせる日を夢見ている。有ることがキッカケで、宝くじで3億円が当たり、突然「億男」となる…。なるほど、非常に興味深く、シンプルな切り口なのですが、この想像以上に奥が深い、と言うか欲が深い。3億円で突然金持ちになった話ではなく、小栗旬さんの某カード会社のCMじゃないれけども、「お金について問いかける」物語が展開されます。「お金のチカラ」、大金を手にした途端、その人の人生が一変してしまうことがあるから?? と理解しながら観ても、それでも宝くじに当たりたい、自分がそこにいる。そんな矛盾を感じる映画なのです?? もちろん、人それぞれの「答え」があるのだと思います!



億04


※カッパの勝手な採点は…、
高橋一生さんの「芝浜」サイコー!
カッパ採点7点




カッパのみなソン
Selection vol.1156



王(キング)の覚醒。
ゴジラ キング・オブ・モンスターズ 
2019年アメリカ



ゴジラ01

 ゴジラが巨大生物ムートーと死闘を繰り広げ、サンフランシスコに壊滅的な被害をもたらしてから5年。その戦いに巻き込まれ、夫マークと破局を迎えた科学者のエマは、特務機関モナークで怪獣とコミュニケーションがとれる装置の開発に当たっていた。そんなある日、エマと娘のマディソンが、装置を狙う環境テロリストのジョナ一味によってさらわれてしまう。事態を重く見たモナークの芹沢博士とグレアム博士は、マークにも協力を仰ぎ、ジョナたちの行方を追うのだったが…。(後は映画を観て下さいね)



ゴジラ02

 2014年にハリウッドで製作され、世界的に大ヒットした「GODZILLAゴジラ」の続編にして、同一世界観で描かれた2017年の「キングコング:髑髏島の巨神」に続く“モンスター・バース”シリーズの第3弾。前作「GODZILLAゴジラ」から5年後を舞台に、世界各地で伝説の怪獣たちが次々と復活し、地球壊滅の危機が迫る中、再び目を覚ましたゴジラと人類の運命を壮大なスケールで描き出します。本作ではゴジラに加え、日本版オリジナルシリーズでおなじみのキングギドラ、モスラ、ラドンら人気怪獣も登場し、迫力の究極バトルを繰り広げる。出演はカイル・チャンドラー、ヴェラ・ファーミガ、ミリー・ボビー・ブラウン、渡辺謙、チャン・ツィイー。監督は「クランプス魔物の儀式」のマイケル・ドハティ。



ゴジラ06


たわごと03
怪獣王ゴジラ、観させて頂きました!
 昨夜、イオンシネマで観てきました、「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」!本当は封切り直後の一番スクリーンで観たかったのですが、何せ、映画に関しては、真面目なワタシ(前にクソが付きますが…)、前作の「GODZILLAゴジラ」、そして関連作の「キングコング髑髏島の巨神」をしっかりと見直しても、万全の体制で鑑賞…。いや〜、凄いの観させて頂きました、ごちそうさまでした。これぁ、噂以上に凄いです、映画として良い悪い…、そんなの関係ないです。兎も角、ゴジラ…、と言うか「ゴジラ愛」なんです。地球空洞説を根底としたシリーズ概念。もちろんツッコミ所は多々在ります、それでも、それを想像以上に上回るモンスターバトルと元祖ジャパニーズ・ゴジラを敬愛する、「泣かせる」キーワードがてんこ盛り!是非是非、劇場で体感して下さい!


ゴジラ04

最後まで、ゴジラ愛が…。
 本編はもちろんなのですが、エンディングも超ゴジラ愛。「ゴジラシリーズ」には欠かせない、伊福部昭さんの“あのテーマ曲”を見事にアレンジ、そしてなんと古関裕而の作曲による名曲「モスラの歌」までが…。エンドロールには、「ゴジラ対へドラ」の監督で、本作の製作総指揮を務めた坂野義光さんはもちろん、初代ゴジラほか昭和シリーズでゴジラのスーツアクターを務めた中島春雄さんが…。(どちらも2017年に亡くなられました)このゴジラ愛溢れる「ゴジラ」は、伊福部昭さんの名曲で贈るエンドロールと、ふたりへの献辞とともに幕を閉じます。マイケル・ドハティ監督、ありがとうございました。きっと、この想いは、日本のゴジラファンだけではなく、ゴジラを愛する世界の方々へ伝わったと思います…。ゴジラファン必見のこの最新作、やっぱり漆黒で戦いが多いです、出来る事なら大きなスクリーンでご覧くださいね!?



ゴジラ05


※カッパの勝手な採点は…、
次は、好敵手コングを迎え撃て!
8点