2018.06.14 イルマーレ
カッパのみなソン
Selection vol.1097



時越愛
イルマーレ vol.02 
2001年 韓国



イルマーレ01

 1997年、海辺の一軒屋に引っ越してきた青年ソンヒョ。彼はその家に“イルマーレ”と名前をつける。その夜、郵便受けに前の住人だと名乗る女性ウンジュからの手紙を発見するソンヒョ。それは新たな住人へのメッセージであったが、その日付が1999年となっていること、自分がつけたばかりの家の名前を彼女が知っていたことに違和感を感じる。やがて年が明け、「98年1月9日に大雪が降る」と彼女が書いてきた通りのことが本当に起こり、時を隔てて手紙を交わしあっていることをソンヒュは知る…。(後は映画を観て下さい)



イルマーレ02

 海辺に建つ一軒家に備え付けられた郵便受けを媒介に、2年の時を隔てて存在する男女が手紙を交換し愛を育んでいくロマンチック・ラブ・ストーリーです。韓国で幸運を呼ぶデート・ムービーとして大ヒットした、純愛ラブ・ストーリーだそうです。別々の時間枠を生きる男女の切ない恋の行方を、みずみずしい映像美でつづる感動作です。



イルマーレ03


たわごと03
やっぱり似てました…?
 ご存じの通り、この作品はハリウッドでもリメイクされており、日本でもよく知られている時空を超えた愛のドラマとしても人気です。郵便ポストを通じて2人が文通しているうちに、2年未来いる彼女と2年過去にいる彼の2年の隔たりから生み出される、優しくて不思議な愛の物語です。穏やかな時間の流れと、海辺に建つ鋭角的なイルマーレ、その時空と空気と海とに存在するイルマーレという圧倒的な存在感…。複雑に絡み合う時を超えた想いが心地良く、SF的切り口「パラレルワール」ドを用いた見事な脚本と演出は必見…?? そうですよね、これって、あの大ヒットしたアニメ「君の名は。」、ですよね?もちろん、この作品は2001年なので、新海監督が後なので、良い意味で、かなりの影響を受けた作品なのでしょう。新海さんの好きそうなワードが、いっぱい盛り込まれているようにも思いますよね、もちろんワタシ的にも大好きなワードが、てんこ盛りです。映画のツボをしっかりと押さえた、恋愛映画の意欲作だと思います。



イルマーレ04



※カッパの勝手な採点は…、
コーラの足跡が、好きです?
8点




カッパのみなソン
Selection vol.1096



オンリーワンが集まれば、世界も救える。
ジャスティス・リーグ
2017年 アメリカ



リーグ01

 スーパーマンの犠牲によって恐るべきドゥームズデイから辛くも守られた世界。しかしスーパーマンのいなくなった地球にはさらなる魔の手が迫っていた。バットマンはそんな世界滅亡の危機をいち早く察知すると、先の戦いで出会ったワンダーウーマンとともに超人たちのスカウトに乗り出す。こうして集められたのは、世界最速にしてオタクな青年“フラッシュ”ことバレリー・アレン、水陸両棲の怪力男“アクアマン”ことアーサー・カリー、全身のほとんどが機械化された“サイボーグ”ことビクター・ストーンといういずれ劣らぬ個性派超人たち。迫り来る脅威に立ち向かうべく、そんな我の強い彼らを、柄にもなくチームとしてまとめ上げようと奮闘するバットマンだったが…。(後は映画を観て下さい)



リーグ02

 「マン・オブ・スティール」に始まるDCコミックス原作実写映画のクロスオーバー・シリーズ“DCエクステンデッド・ユニバース”作品の1本で、DCコミックスが誇る人気スーパーヒーロー総出演で贈るアクション・アドベンチャー超大作です。「バットマンvsスーパーマンジャスティスの誕生」後のスーパーマン亡き世界を舞台に、滅亡の危機を迎えた世界を救うべくバットマンによって結成されたスーパーヒーロー・チーム“ジャスティス・リーグ”の活躍を圧倒的スケールで描き出します。出演はバットマン役のベン・アフレック、ワンダーウーマン役のガル・ガドットのほか、エズラ・ミラー、ジェイソン・モモア、レイ・フィッシャーがそれぞれフラッシュ、アクアマン、サイボーグ役で登場。



リーグ03


たわごと03
まじめ、まじめ、まじめ!
 冒頭、ゴメンナサイです。マーベルとDCの違いが分からないワタシが観るべき資格なし!なんでしょうね、ただ何年か前の大晦日につかりこさんと一緒に行った、新宿ゴールデン街のとあるbarのお姉さんが、この2つの違いを熱く語ってくれたのを思い出しながら観させて頂きました。まぁ、それでもモノの本質が理解出来ない歯がゆさと、あれれ、なんでスーパーマンは死んでしまったのかも分からず、彼がいない世界に?まぁ、それでも映画としての完成度は高く、この前観た、マーベルの「マイティ・ソー バトルロイヤル」と比べると、クソがつくほどマジメ。ワタシのご贔屓のガル・ガドットさん演じるワンダーウーマンも、もちろん大健闘。もう、彼女抜きでは、ジャスティス・リーグな成り立たない程の存在感に大満足。ただ、強さの世界観が違いすぎる、スーパーマンは少し反則かなぁ、と思うのはワタシだけでしょうか?



リーグ06


※カッパの勝手な採点は…、
それでも、充分に楽しめました!
カッパ採点7点




カッパのみなソン
Selection vol.1095



たった一夜の優しい奇蹟…。
ナミヤ雑貨店の奇蹟
2017年 日本



奇跡01

 2012年のある夜。悪事を働き一軒の廃屋に逃げ込んだ幼なじみ3人組の敦也、翔太、幸平。すると突然、シャッターの郵便口から一通の手紙が落ちてくる。日付は1980年。そこはかつて店主が客の悩み相談に親身に応じていた“ナミヤ雑貨店”だった。店内に落ちていた雑誌でそのことを知った3人は、戸惑いながらも手紙に返事を書くことに。やがて彼らは、過去からの手紙と自分たちとのあいだに不思議なつながりがあることに気づき始めるのだったが…。(後は映画を観て下さい)



奇跡02

 人気作家・東野圭吾の同名ベストセラーを山田涼介と西田敏行の主演で映画化した感動ファンタジー・ドラマです。どんな相談にも真剣に答えてくれる雑貨店“ナミヤ雑貨店”を舞台に、過去と未来をつなぐ手紙によって人生が変っていく人々の奇蹟の物語を心温まるタッチで描く。共演は村上虹郎、寛一郎、成海璃子、門脇麦、尾野真千子。監督は「余命1ヶ月の花嫁」「PとJKの廣木隆一。



奇跡04


たわごと03
それは手紙がつなぐ、素敵な絵空事…。
 東野圭吾のベストセラー小説を山田涼介主演で映画化した人気作品です。1969年の「ナミヤ雑貨店」がある町並み…、そして行きなり2012年に飛ぶ。そして何故か、シャッターの郵便口から手紙が落ちてくる…。何となく、あの秀作「イルマーレ」を思わす展開、ワタシ的には決して嫌いではない切り口…、何ですが、少し作りすぎかなぁと多少の違和感を抱きながらも、東野ワールドに引き込まれていく…。もちろん映画なので、現実だけではなく、それに「味」を付けて、現実味(リアリティー)として表現できる。嘘から出たまことこそが、この映画の素晴らしい奇蹟なのでしょうね。



奇跡03


※カッパの勝手な採点は…、
全て想いは、繋がっている…。
カッパ採点7点



カッパのみなソン
Selection vol.1094



その日、一等車両は容疑者で満室でした。
オリエント急行殺人事件
2017年 アメリカ



オリエント01

 エルサレムで華麗に事件を解決した名探偵のエルキュール・ポアロは、イギリスでの事件解決を依頼され、イスタンブールでの休暇を切り上げ、急遽、豪華寝台列車オリエント急行に乗車する。ほどなくアメリカ人富豪ラチェットから、脅迫を受けているからと身辺警護の依頼を受けるが、これをあっさりと断る。ところが深夜、雪崩で脱線し立ち往生してしまったオリエント急行の車内でそのラチェットが何者かに殺害される。鉄道会社から調査を依頼されたポアロは、列車は雪に閉ざされており、犯人は乗客の中にいると確信、一人ひとりへの聞き込みを開始する…。(後は映画を観て下さい)



オリエント02

 アガサ・クリスティーの名作ミステリーをジョニー・デップ、ジュディ・デンチ、ペネロペ・クルス、ウィレム・デフォーをはじめとする一流キャストの豪華共演で映画化。大雪で立ち往生したオリエント急行を舞台に、密室の車内で起きた殺人事件を巡って、容疑者である乗客全員にアリバイがあるという難事件に挑む名探偵エルキュール・ポアロの活躍を描く。監督はポアロ役で主演も務める「から騒ぎ」「シンデレラ」のケネス・ブラナー。



オリエント03


たわごと03
分かってても、面白い?
 1974年製作のイギリス映画 『オリエント急行の殺人』の完全リメイクです。幾度も映像化されたアガサ・クリスティのこの名作。もちろんストーリーも真犯人も、誰もがご存じの定番中の定番。後は誰がどう演じ、どのように演出するかを楽しむだけなのですが、今回のこの作品の見所は、それ以上に素晴らしいカメラワークだと思います。全編をデジタルではなく、65㎜フィルムを用いた撮影方法では、物語の中の生きたキャラクターたちのありのままの生々しい姿、美しく奥行きのある景色、蒸気の臭い…、等々デジタルカメラとは、ひと味違う表現力で、アガサ・クリスティの世界観を魅せてくれます。古典的名作を改めて観させて頂き、映画の素晴らしさを再認識することができました。



オリエント04


※カッパの勝手な採点は…、
そして、ナイルに続く…。
七点半



カッパのみなソン
Selection vol.1093



死の女神の復讐がはじまる
マイティ・ソー バトルロイヤル
2017年 アメリカ



ソー01

 アスガルドの王子でありながらアベンジャーズの一員となり、地球を守る戦いに身を投じてきたソーはある日、再会した父オーディンから世界の終わり(ラグナロク)が迫っていると告げられる。そこに現れたのは、ある理由からアスガルドに対し強烈な恨みを抱く死の女神ヘラ。ソーの究極の武器ムジョルニアをいとも簡単に破壊する圧倒的なパワーを持つ彼女は、アスガルドの文明を崩壊させるという恐るべき復讐を計画していた。そんな中、ヘラによって宇宙の辺境サカール星に飛ばされてしまうソーだっただが…。(後は映画を観て下さい)



ソー02

 クリス・ヘムズワース演じるマーベルの人気キャラクター“ソー”が主役の「マイティ・ソー」シリーズ第3弾にして「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」へと繋がるアクション・アドベンチャー大作です。復讐に燃える最強の敵を前に、盟友ハルクや宿敵ロキと手を組み、迫り来る世界の終わり(ラグナロク)を食い止めるべく極限のバトルを繰り広げるソーの活躍を圧倒的スケールで描き出す。共演はマーク・ラファロ、トム・ヒドルストン、イドリス・エルバ、アンソニー・ホプキンスのほか、最強の敵ヘラ役でケイト・ブランシェット。監督は「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」「ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル」のタイカ・ワイティティ。



ソー03


たわごと03
ある意味、迷惑な家族ですね?
 マイティ・ソーのシリーズ完結編(だと思う…)パート3です。今回も主人公雷さん?が奮闘努力し非常に見応え十分の出来映えとなってます。ただ、今までもシリアスな展開ではなく、結構おふざけ的な要素が多く、何となく兄弟漫才を見ている感覚…。ソーとロキつてこんなにも仲良かったっけ…。まぁ、アベンジャーズだし、固いことは抜きにして思う存分楽しみましょ!そして、なんと言っても、アベンジャーズでも群を抜いての強者ハルクとのバトルロイヤルも必見ですよね。ただ、どちらかと言えば本編よりも、このプロットが、この映画の目玉の様な気もしますよね。まぁ、何はともかく楽しく約2時間過ごせると思いますよ。



ソー04


※カッパの勝手な採点は…、
姉ちゃん、強すぎ…。
カッパ採点7点