2015.09.29 夏の終り
カッパのみなソン

Selection vol.718


だって、愛してるの。
夏の終り 2012年日本



夏01

 長年にわたって妻子ある年上の作家・小杉慎吾との愛人生活を送る相澤知子。慎吾は妻のいる家と知子の家を、きっちり週に半分ずつ行き来しており不倫でありながらも知子にとっては穏やかで安定した日々でした。ところがある日、帰宅した知子は慎吾から木下涼太という男の来訪があったことを告げられ心のざわつきを…。涼太はかつて結婚していた知子が恋に落ち夫と子どもを捨てて駆け落ちした相手でした。年下で知子に対して一途で情熱的な涼太。彼のことが忘れられず、慎吾との生活を続けながらも、何時しか涼太との関係も復活させてしまう知子…。(後は映画を観て下さい)



夏02

 ふたりの男の間で揺れ動く女の愛の彷徨を描いた瀬戸内寂聴の自伝的ロングセラー小説を「ノン子36歳 」「海炭市叙景」の熊切和嘉監督が実力派キャストの競演で映画化しました。主演は「愛のむきだし」「川の底からこんにちは」の満島ひかり、共演に「ルパン三世」の綾野剛と「舟を編む」の小林薫。


たわごと03
我が郷土の誇り、瀬戸内寂聴。
 我が郷土の作家、瀬戸内寂聴さんが出家前の(瀬戸内晴美時代)に発表した小説で、彼女の経験をもとに年上の男と年下の男との三角関係に苦悩する女性の姿を描いた作品です。恥ずかしながらワタシは、郷土の偉大なる作家であり、日本を代表する文化人の作品を初めて観させて頂きました。正直もっと取っ付きにくいイメージでしたが、それは食べず嫌いで、小難しい文学と言うより上質のメロドラマ。映画を鑑賞しながら、寂聴さんと満島さんが重なり合いました。それにしても、やはり満島ひかりの演技は素晴らしい!! 最小限のセリフと交差する女心…。息をのむ美しさと大女優の風格を感じます。



夏03


※カッパの勝手な採点は…、
寂聴さんの愛のカタチ…。

七点半



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/996-8b991877