カッパのみなソン

Selection vol.716


赤い復讐の始まり、明かされる過去…。
機動戦士ガンダム
THE ORIGIN 青い瞳のキャスバル 2014年日本



オリジン01

 宇宙世紀0068年、サイド3ムンゾ自治共和国。宇宙に進出した人の革新を説き地球連邦政府からの完全独立を宣言しようとしたジオン・ズム・ダイクンは、議会壇上で演説中に突如倒れ帰らぬ人となった…。ダイクンの死後、ザビ家陰謀説を唱えるダイクンの側近ジンバ・ラル。しかしサイド3ムンゾの実権を掌握せんとするデギン・ソド・ザビ率いるザビ家が暗躍しその勢いは日に日に増して行きます…。(後は映画を観て下さい)



オリジン04

 日本アニメ史の金字塔「機動戦士ガンダム」にキャラクターデザインとアニメーションディレクターとして参加した安彦良和が新たな解釈を加えて描いた大ヒットコミックス「機動戦士ガンダムTHOERIGIN」をアニメ化。本作はその第1弾です。TVシリーズでは描かれなかったジオン独立戦争の開戦に至る物語をシャアとセイラ兄妹の過去に焦点を当てて描き出します。安彦良和が、総監督を務め「機動戦士ガンダム0083 STAR DUSTMEMORY」の今西隆志が監督。



たわごと03
シャアの出性、そして幼年期。
 宇宙世紀0059年。ジオン共和国創始者ジオン・ズム・ダイクンとその内縁の妻アストライア・トア・ダイクンの子、キャスバル・レム・ダイクンとして生を受ける。後に実妹であるアルテイシア・ソム・ダイクンも生まれ、穏やかに育ってゆく… かと思われたが、宇宙世紀0068年。父・ジオンは演説中に急逝。一説によれば下克上を狙ったザビ家の手による暗殺だと噂されている。 キャスバル・アルテイシア兄妹と母アストライアはザビ家により迫害され故ダイクンの屋敷へと逃れる。しかし、母は父の正室であるローゼルシアの嫉妬により、屋敷へと幽閉。 その後、彼女はその生活に行く末を悲観し2人の子供を地球へ逃す決心をする。兄妹は父の良き理解者であったジンバ・ラル(ランバラルの父)の庇護のもと南欧の名家・マス家へ養子として引き取られ、名をエドワゥ・マス、セイラ・マスと改める。その後、幽閉状態が長く続いた母アストライアは衰弱死する。その報を聞いたエドワゥは母を報われぬ死へと導いた元凶であるザビ家を激しく憎む…。(機動戦士ガンダムTHEORIGINをベースに記述)



オリジン03

それは、彼による赤い復讐の始まり…。
 ガンダムファンの端くれのワタシが、語るには非常に難しい作品ですね。原作(漫画)を映像化した、この意欲作の待望の第一弾、やっと観ました。(原作は未読)いゃ〜、やっぱり1年戦争に関わるガンダムは面白いですね、その後そして今も、新たな切り口でのガンダム作品が発表されますが、この時代軸にそった作品には敵わない。オリジナルなるこそが、機動戦士ガンダムなんだと再認識しました。そしてガンダムと言えばアムロ…、ではなく。やっぱり赤い彗星のシャアですよね。この魅力的なキャラクター…。強い信念とダークサイドのチカラ、そしてこの悲しくて悍ましい生い立ち。圧倒的な存在感と無限に広がる世界観。彼の歴史は、もはやフィクションの世界を超越してますね。ただ、この1時間の、この作品に於いては、少々の不満もありますが…、その後に期待します!!


※カッパの勝手な採点は…、
「笑い」をとる必要性は…??

六半




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/993-3710f452