2015.09.17 ザ・ベイ
カッパのみなソン

Selection vol.712


それは、ある港町ではじまった…。
ザ・ベイ 2012年アメリカ


ベイ01

 メリーランド州チェサピーク湾にある小さな海辺の町クラリッジ。ある日2人の海洋学者が湾の水質汚染の危険性を市長に警告しますが、それが真剣に顧みられることはなかった…。やがてその恐怖は静かに進行し女性レポーター、ドナがお祭りでにぎわうクラリッジを取材中に、ついに爆発する。人々が次々と謎の寄生虫に体内を蝕まれお祝いムードに包まれていた町は一瞬にして惨劇の舞台へと…。(後は映画を観て下さい)



ベイ03

 「レインマン」の名匠バリー・レヴィンソン監督が「パラノーマル・アクティビティ」シリーズのスタッフと手を組み、小さな港町で謎の疫病が拡がっていく恐怖をファウンドフッテージスタイルで描き出した戦慄の感染パニックホラー。


たわごと03
バリー・レビンソン監督が…、なぜ今更 ?
 名作「レインマン」のバリー・レビンソン監督が撮った…。しかし、なぜ今更、POV(ドキュメンタリー風)映画と思ってしまうのはワタシだけでしょうか? そして題材は、ワタシが最も苦手な虫型の寄生虫、体内に入り込み、内蔵を食い荒らすのはゾウリムシ風のキモい造形…。エイリアンや巨大生物は苦手じゃないのですが、この小さな虫系はダメダメ。そんな気持ち悪いヤツを名監督バリー・レビンソン監督が…、何でやねん。駆け出し監督でもあるまいし、わざわざ手持ちカメラ風の汚い画質ではなく、正々堂々、横綱相撲的な映画を期待したいものですね!?


ベイ02



※カッパの勝手な採点は…、
「クローバーフィールド」には、敵わない…。
6点



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/988-f741d7ac