2015.09.14 百円の恋
カッパのみなソン

Selection vol.709


呆れる程に、痛かった。
百円の恋 2014年日本



百円01

 実家にひきこもり自堕落な毎日を送る32歳の一子。ある日、離婚して子連れで出戻ってきた妹と衝突して家を飛び出し一人暮らしをするハメに。仕方なく100円ショップで深夜のバイトを始めた一子は、そこで同じように社会からこぼれ落ちた不器用な人間たちと出会います。そんな中、近所のボクシングジムで、ストイックに練習を続ける引退間近の中年ボクサー狩野と付き合い始めた一子は、やがて自分もボクシングのトレーニングを始めるようになるのでした…。(後は映画を観て下さい)



百円02

 今や日本を代表する実力派女優の一人となった「かぞくのくに」「0.5ミリ」の安藤サクラが渾身の体当たり演技で各方面から絶賛された闘う女の人生再生ドラマです。故・松田優作の出身地山口県で開催されている周南映画祭で創設された脚本賞「松田優作賞」の第1回グランプリに輝いた足立紳のオリジナル脚本を「イン・ザ・ヒーロー」の武正晴監督が映画化しました。自堕落な生活を送るダメダメな三十路女が中年ボクサーとの出会いをきっかけに自らもボクシングに目覚め次第に肉体とともに心もシェイプしていく姿を描く。共演は「アウトレイジ ビヨンド」「愛の渦」の新井浩文。


たわごと03
心もカラダも、シェイプ !
 あっぱれです、安藤サクラさん。ストーリーよりもまずはカラダ…。凄いです、超グウタラなダブダフ体型が、何と見事にシェイプアップしボクサーとして生まれ変わる研ぎ澄まされたボディ。彼女が映画にかける情熱はハンパではない、映画女優ではなく、タレント女優が蔓延る今、彼女は間違いなく本物であり、映画の申し子だと痛感します。「かぞくのくに」「0.5ミリ」。そして「百円の恋」…、これからも日本映画の名作を創り上げていくことでしょう!!


百円03




※カッパの勝手な採点は…、
負けから始まる人生も素晴らしい。

8点



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/985-edba58a8