2015.09.10 0.5ミリ
カッパのみなソン

Selection vol.707


死ぬまで生きよう、どうせだもん。
0.5ミリ 2013年日本



ミリ02

 天涯孤独な介護ヘルパー山岸サワは派遣先の家で思わぬトラブルに巻き込まれ仕事をクビになってしまいます。いきなり住むところを失い、おまけに一文無しで途方に暮れるサワ。しかしカラオケ店の受付でまごつく老人を見つけるや強引に同室となって楽しく一夜を過過ごします。その次に出会ったのは駐輪場の自転車を次々とパンクさせている老人、茂。サワは優しく声を掛けつつ無理やり家に上がり込むと得意のヘルパー仕事で世話を焼き始めます…。最初は警戒していた茂もプロの技に癒され、いつしか心を開いていく。その後も行く先々で老人の弱みを握っては、生きるために「おしかけヘルパー」をしていくサワでしたが…。(後は映画を観て下さい)




ミリ01奥田家の名作…。
 「カケラ」の安藤桃子監督が自身の書き下ろし処女小説を基に、実妹・安藤サクラ扮するハードボイルドなヒロインを主人公に描く異色の人情ドラマです。事件に巻き込まれて一文無しとなった介護ヘルパーが様々なワケあり老人をターゲットに「おしかけヘルパー」をして食いつないでいくバイタリティあふれる生き様を介護を巡る社会問題を織り込みつつヒロインと老人たちとの心の触れあいとともに綴ります。共演に柄本明、坂田利夫、草笛光子、津川雅彦。



たわごと03
見応えある196分。
 いつものように9時過ぎからの、心の聖地マイシアターでの映画鑑賞。昨夜はWOWOW(W座)収録のこの作品を観る事に…、確か昨年のキネ旬「日本映画ベストテン」第2位の作品…。結論はもちろん素晴らしいなんですが、何と予想以上に長尺、なんとも196分の大作。長くて退屈だと最悪なのですが、これは違います。名作です!! 日本映画の期待の星、安藤サクラの恐ろしい程の演技力と表現力、現代社会が抱える心の病を「おしかけヘルパー」と言う、新しいジャンルの切り口で切なくて悲しくて、そして美しく描きます。もう決して若くないワタシも何れは訪れる現実を考えながら鑑賞させて頂きました。誰もが抱える心の襞を見事に描き出しています。ぜひご覧下さい。


ミリ04


ちょつと01
金ちゃん昨日食べました…。
 徳島製粉の「金ちゃんヌードル」を安藤さんが食べてました。このカップラーメンは徳島県民だと誰もが知るソールフード。日清のカップヌードが登場し全国的にカップ麺が普及し出した頃から販売している超ロングヒットご当地ラーメンです。ワタシ的に広告代理店勤めの頃には大変お世話になったのですが、改めて映画で見ると何だか感動しました。高知でも愛されているんだなぁと思うと嬉しかったです!!


※カッパの勝手な採点は…、
絵空事ではない現実が、身にしみます。

8点



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/983-4b4c487b