カッパのみなソン

Selection vol.700


愛と美味しい料理があれば、人生は三つ星★★★
シェフ! ~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~
2012年フランス


三ツ星01

 パリ有数の高級フレンチレストラン“カルゴ・ラガルド”。長年三ツ星を守ることが出来たのはベテランシェフ、アレクサンドル・ラガルドのおかげ…。ところが、そのアレクサンドルが突然のスランプで来たる審査会を前に店は窮地に陥っていました。ある日アレクサンドルは老人ホームでペンキ塗りの仕事をしていた青年ジャッキー・ボノと出会う。彼は一流の舌を持ち有名シェフのレシピを数多く記憶する天才料理人でした。しかし生意気な性格が原因で、どのレストランでも長続きしなかった。そんな時アレクサンドルに腕を見込まれ彼の助手に抜擢される…。(後は映画を観て下さい)



三ツ星04

 ジャン・レノ扮するスランプ気味の一流シェフが、気難しい天才若手シェフと力を合わせて店の三ツ星を死守するために奮闘するハートウォーミング人情コメディです。共演は「パリ・エキスプレス」のミカエル・ユーン。監督は俳優としても活躍し、これが長編3作目のダニエル・コーエン。


たわごと03
フランス映画も変わったね…。
 確かこの前、観たのは「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」と言う邦題のアメリカ映画。そして今回は、それによく似たタイトルですが、まったく別モノのフランス映画。しかし、ここ最近のフランス映画は変わりましたね。良い悪い、好き嫌いは別として、大変判り易くなりました、ある意味アメリカ映画よりも単純明快かつ快テンポなノリです。この作品もストーリーは超シンプル、至って簡単、そして楽しく鑑賞できます。ただワタシの乏しい知識では、後半の鍵となる「分子料理」のことが理解できず、なおかつ劇中の日本の表現の醜さ、日本贔屓のジャン・レノが、なぜにこの格好、いくら何でもおかしいでしょ!!


三ツ星03


※カッパの勝手な採点は…、
分子料理は、不味そう…。
カッパ採点7点


追 伸
 8月31日未明、グレィちゃんは逝ってしまいました…。病院ではなくグレィの一番大好きな我が家で旅立ちました。辛いです、悲しいです、でも、でも、本当にありがとう、そして絶対に忘れません。ボクとグレィの物語は、どんな映画よりも素敵で感動的な名作だと自負してます!!





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/976-f1cd6bea