カッパのみなソン

Selection vol.699


嘘つきは、大人のはじまり。
ソロモンの偽証 後篇・裁判 
2015年日本



後編01

 クリスマスに謎の死を遂げた城東第三中学校の2年組A生徒・柏木卓也。当初は自殺と思われたその死に対しいじめグループを率いる問題児・大出俊次による殺人という匿名の告発状がバラまかれ事態は急展開を見せる。そして2年A組のクラス委員・藤野涼子は大人たちを排除し中学生だけで真相究明の「学校内裁判」を開くことを提案します。やがてそれは様々な困難を乗り越えついに実現することに。こうして検事役には藤野涼子、一方の弁護人を他校の生徒・神原和彦が務め大出俊次を被告人とする学校内裁判が開廷します…。(後は映画を観て下さい)


たわごと03
事件、そして学校内裁判の行方は…。
 この後編は、きっと意見がが分かれるでしょうね…? 前編での様々な奇怪な事件。そしていよいよ中学生だけで開廷される学校内裁判。トンでもない結末と真犯人…、と期待するのでしょうが、それを嘲笑うというより、それ以上に、残酷で複雑な普通の結末。おそらく前篇を観た人は、この後どんな展開になるのかかなり期待したのではないでしょうか…。でも、この結論こそが、宮部みゆきの問いかけであり、いじめに対する評決なのでしょうか。裁かれるのは、ワタシ達、そして誰も持っている心の怯えなのでしょ…。



後編03



※カッパの勝手な採点は…、
この映画でワタシは、誰なんだろう…。
七点半



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/973-8708b0d6