カッパのみなソン

Selection vol.683


正義じゃ守れないものがある。
シン・シティ 復讐の女神 
2014年 アメリカ



シンシティ01

 場末のストリップバー「ケイディ」で踊るダンサーのナンシー。愛する者を奪われた悲しみを胸に復讐の炎を燃やしていた。ケイディの常連客で心優しき野獣マーヴは、そんな彼女をそっと見守り続けていました。一方、しがない私立探偵のドワイトは自分を裏切った元恋人エヴァの魅力に抗えず罠と気づきながらも彼女の計画に加担してしまう。そんな中、街を我が物顔で牛耳るナンシーの仇、ロアーク上院議員は大胆不敵な流れ者のギャンブラー、ジョニーとの大勝負に興じていた…。(後は映画を観て下さい)




シンシティ002

 鬼才漫画家フランク・ミラーがロバート・ロドリゲス監督とのコラボで描く異色のスタイリッシュクライムアクション「シン・シティ」の続編です。原作の人気エピソード2本に新たに書き下ろされた2話を加えた4つのエピソードをもとに法も正義もない罪の街「シンシティ」で繰り広げられる壮絶な復讐劇が過激かつスタイリッシュに描かれます。出演はミッキー・ローク、ジェシカ・アルバ、ブルース・ウィリスらの続投組に加え、新参加となるジョシュ・ブローリン、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、エヴァ・グリーンらが豪華に共演。


たわごと03
なんたって、エヴァ・グリーン。
 マンガと映画、そして作り込まれた映像。ワタシ的には余り得意ではないのですが、さすがはロバート・ロドリゲス監督。今だから創れる新種の映像。まさに漫画の世界観と映画的世界観を見事に融合させています。しかし、しかし、この映画の主役は、やっぱりエヴァ・グリーンですね。なんとも見事な脱ぎっぷりに天晴れ ! これ程に悪女を演じられる彼女。正に魔性の女…。さすがはジェームズ・ボンドも惑わした魅力、なんとも末恐ろしい今後の彼女…。


シンシティ03



※カッパの勝手な採点は…、
と言いながら、ジェシカ・アルバも良い。
カッパ採点7点




シンシティ05

ちょつと01
1000億円企業を生んだ、ジェシカアルバの経営哲学。
 「映画の中でビキニを着てタフに振舞う女の子、世間がジェシカアルバに抱くイメージはそんなものだと言って本人は笑う。実際には、この34歳のハリウッド女優の活躍の場はスクリーンの中だけではない。彼女が4年前に創業した家庭用品のブランドThe Honest Companyは、今や推定時価総額10億ドル(約1237億円))。その15〜20%を所有するアルバは、今年、成功した女性経営者としてフォーブスの表紙を飾った。The Honest Companyが扱うのは、有害物質を含まないおむつやおしり拭き、オーガニックの蜜ろうを使った日焼け止め、フェイクレザーを使った170ドルの上品なママバッグなど、健康と環境に配慮したグッズの数々。起業のきっかけはアルバ自身の妊娠だった。【Forbesより】





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/953-0e22bc3c