2015.07.24 ど根性ガエル
ドラマのツボ
 part.58



根性、根性、ど根性!!
ど根性ガエル 2015年 日本テレビ



カエル


 30歳になっても定職に就かず、ブラブラと昔のままの気分で日々を過ごす「ダメ男」と化したひろしは、かつて想いを寄せていた京子ちゃんが街へと帰って来たことを知ります。京子ちゃんはひろしとは全然別の男性と結婚していたのですが、その男性と破局…。バツイチとなって元気なくひろしたちのもとへと戻って来ました。そして、ひろしのかつてのライバル・ゴリライモは自動車で移動販売するパン会社を設立して大成功、成長した立派な大人となってひろしの前に昔と変わらず立ちはだかります…。(後はドラマを観て下さい)


カエル002

たわごと03
始まってしまいました…。
 1970年に「週刊少年ジャンプ」で連載を開始した吉沢やすみの「ど根性ガエル」は、14歳のひろしと、転んだひろしにつぶされてシャツに張り付いた平面ガエルのピョン吉のドタバタな日常を描いたコメディー漫画でした。初実写化となるドラマ版の舞台はそれから16年後。昔は人生を「ど根性」で乗り切ってきたものの、現在はダメ男になった30歳のひろしが、ピョン吉の異変を機に人生をやり直す姿を映し出します。
カエル03

ひろしは、ダメ男、京子ちゃんは出戻り…。
なんとピョン吉役は、満島ひかり !

 もう既に始まっているこのドラマなんですが、ワタシは、まだ第1話しか観てません…。なんとも不思議な匂いのする出来映え…。少年ジャンプの時代(少年期)から16年…、なんとも微妙な時間軸です。そしてヒョン吉は兎も角、主人公「ひろし」が余りにもダメ、第1話を観た限りでは、こんなにもダメな大人になってしまっている設定に唖然としました。そして永遠のヒロイン京子ちゃんも結婚に失敗。そんなダメな二人を松山ケンイチと前田敦子が対照的な演技で熱演してます。そして、それ以上は、平面ガエル、ピョン吉を演じるのは、日本映画期待の星、満島ひかり。なんで彼女がピョン吉なの…? と誰もが思ったはずでしょう。本人も「どうして私なんだろうと驚いて、笑ってしまいました」とのコメントを掲げてました。それでも、声優としての異例の起用は大成功ですね!!



※カッパの勝手な採点は…、
駄作なのか、名作なのか…?
六半



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/949-09be10ff