カッパのみなソン

Selection vol.651


エロチック・ロマンスの傑作…
赤い薔薇ソースの伝説 1992年 メキシコ



薔薇01

 メキシコのリオグランデ川近くにある農家でティタは生まれました。彼女が15歳になった時、ペドロという青年に会い結婚を約束します。しかし、ティタのママ・エレナは末娘は年老いていく母の世話をしなければいけないという家訓を守り結婚を許しません。更にペドロにはティタの姉ロサウラを嫁に薦め、ペドロはティタの側にいられるというだけでこれを承諾します。結婚式の日、不思議な出来事が…、ウェディングケーキを食べた人々が突然泣き出したのです…。(後は映画を観て下さい)


薔薇03

 料理を通して自分の気持ちを人に伝えることができるといった不思議な力を持つ女性の運命を描いたドラマです。監督・製作は「サボテンブラザース」の俳優でもあるアルフォンソ・アラウ。脚本・原作は、監督の夫人であるラウラ・エスキヴェル。撮影は、エマニュエル・ルベスキ。音楽は、レオ・ブロウェルが担当。主演はルミ・カヴァソス、「ニュー・シネマ・パラダイス」のマルコ・レオナルディ、レヒーナ・トルネ。


たわごと03
観させて頂きました !
 ブログから始まった、嬉しい「シネマバトンリレー」です。先日さとちんさんから送られてきた、貴重なDVD「赤い薔薇ソースの伝説」観させて頂きました。そして、観た後に改めて原点のつかりこさんの ブログ も再読。観てから読むと、それ以上に納得です。自称映画カッパのワタシですが、あまり見た事の無かったメキシコ映画。それも珍しい切り口。料理とエロチック・ロマンス。…って言うか、本当は超純愛映画です。そして、何処かで見た事が、と思いや、「ニュー・シネマ・パラダイス」の青年マルコ・レオナルディ君じゃないですか。いい役者さんになりましたね!!


薔薇02


※カッパの勝手な採点は…、
さすがはメキシコ、情熱は炎と化します!
8点




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/910-4f49763b