カッパのみなソン

Selection vol.636


ついに父の暴走が、終わりを遂げる。
96時間 レクイエム
2014年 フランス



96-01

 トルコで犯罪組織を壊滅させ住み慣れたロサンジェルスへと戻ってきた元CIA秘密工作員のブライアン。平穏な日常を取り戻したかに思われた矢先、元妻レノーアがブライアンの自宅で何者かに殺されてしまう。しかも運の悪いことにその容疑者として指名手配されてしまいブライアンは心ならずも警察から逃げ回るハメに…。窮地に陥ったブライアンは最愛の娘キムの身を案じつつ自らを罠にはめた黒幕の正体を暴きレノーアの仇をとるべく行動を開始する…。(後は映画を観て下さい)



96-02

 リーアム・ニーソンが最愛の娘を守るためには手段を選ばない無敵の父親を演じる大ヒットシリーズの第3弾にして最終章となるサスペンスアクションです。娘と元妻を救い出し家族の絆を取り戻した矢先、元妻が何者かに殺されたばかりか自分にその殺人容疑がかけられてしまった主人公ブライアンが娘を守り自らへの疑惑を晴らすべく謎の黒幕に戦いを挑む最後の大暴走を描きます。監督は引き続きオリヴィエ・メガトン。


たわごと03
96時間の意味とは…。
 ご存知、ブチキレ親父リーアム・ニーソンの大ヒットシリーズ…、と言っても良かったのだろうか? 誰もが、観て思っているでしょうね、パート1で止めとけばと…。特にこの最終話は、いきなり何故か元妻が殺害され、最愛の娘さんが危機に陥る…。前回までの守った家族は何だったのだろう。そして黒幕は×××。別に隠さなくともすぐわかる事なのですが…。それ以上に不思議なのはタイトルの96時間はどこに行ったのだろう?


96-03



※カッパの勝手な採点は…、
リーアム・ニーソンも疲れている…。
六半




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/890-9134ee8b