2015.04.27 天皇の料理番
ドラマのツボ
 part.50


TBSテレビ60周年特別企画。
天皇の料理番 2015年 TBS



天皇01

 明治37年(1904年) 正月。福井の秋山家は、父・周蔵 を筆頭に弁護士を目指す長男・周太郎も帰郷し家族一同希望に満ちていました。唯一心配の種と言えば仏門に修行に入った16歳の次男・篤蔵…。そしてその不安は的中、正月の祝いの席に 「もう面倒は見切れない」 と寺から破門を言い渡された篤蔵が意識の無い状態で運び込まれたのでした。もしや死んだのか、 と心配する秋山家の面々だが運んできた坊主に言わせると、どうやら酒を飲んで酔っ払い墓場の坊主墓を落とす悪行をしでかしたらしい…。(後はドラマを観て下さい)



天皇03

主演はTBS連ドラ初主演となる佐藤健。
 TBSテレビ60周年特別企画として、春の改編4月クールの「日曜劇場」で、大正・昭和時代の宮内省厨司長を務めた秋山徳蔵氏の人生を描いた、直木賞作家・杉森久英原作の「天皇の料理番」を持ってきました。何をやっても長続きしなかった片田舎のやっかい者が、ひょんなことから食べた一口のカツレツがきっかけで料理というものに夢を見て、ついには天皇の料理番を勤め上げるまでに成長していく…。 この物語は明治から昭和の激動の時代を生きたある男の究極の人間ドラマです。主人公・秋山篤蔵を演じるのは、佐藤健。ドラマ 「とんび」映画 「るろうに剣心」 で役者としての新境地を切り拓いた佐藤は、今作が TBS 連続ドラマ初主演となります。



たわごと03
気合いはいりすぎのTBS。
 かつての枠は、あの驚異的な視聴率「半沢直樹」を生み出した時間帯。日曜日の夜9時枠、フジの月9と二分するドラマの聖地です。そして開局60周年の冠を付けたこのドラマ。スタートも春の改編期を少しずらした戦略的なスタート。そして初回はなんと2時間スペシャル。(疲れました…)そして気になる視聴率は…、15.1%。決して悪くないこの数字ですが、TBSの気合いと製作スタッフの熱い想い…。本当は、初回20%を超えたかったのではないでしょうか?


天皇02

ドラマ的ごちそう…。
 そして肝心のドラマなんですが、1978年10月より「週刊読売」で連載が始まり1979年読売新聞社より単行本が、1982年12月に集英社文庫にて文庫版が発売し15万部のベストセラーをドラマ化。なんとなくNHKの「朝ドラ」を思わすテイストです。第1話だけでは、何とも評価し難いのですが、これからの味付けが楽しみです。


天皇04



※カッパの勝手な採点は…、
がんばれ、黒木華ちゃん !
六半





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/882-f04e6887