カッパのみなソン

Selection vol.621


必ず帰ってくる。それは宇宙を超えた父娘の約束…。
インターステラー 2014年 アメリカ



インターステラー01

 近未来の地球。環境は加速度的に悪化し植物の激減と食糧難で人類滅亡の時は確実なものとして迫っていました。そこで人類は居住可能な新たな惑星を求めて宇宙の彼方に調査隊を送り込むことに…。この過酷なミッションに選ばれたのは元テストパイロットのクーパーや生物学者のアメリアらわずかなクルーのみ。しかしシングルファーザーのクーパーには15歳の息子トムとまだ幼い娘マーフがいた。このミッションに参加すれば、もはや再会は叶わない…。(後は映画を観て下さい)



インターステラー03

 「ダークナイト」「インセプション」のクリストファー・ノーラン監督が理論物理学者キップソーン博士のスペーストラベルに関するワームホール理論を下敷きに描くハードSF超大作です。かつてない危機に直面し新たに発見されたワームホールを利用した超遠距離惑星間移動に最後の希望を託す人類の運命と重大な使命と引き換えに永遠の離別を迎えようとしている一組の父娘の絆を壮大なスケールで描きます。主演は「MUDマッド」「ダラス・バイヤーズクラブ」のマシュー・マコノヒー、共演にアン・ハサウェイ、ジェシカ・チャステイン、マイケル・ケイン。



たわごと03
星と星の間…。
 やっと見せて頂きました。このSF文学大作、期待どおり素晴らしい、そして疲れました。遠い昔、手塚治虫氏の名作「火の鳥 望郷篇」を読んだ時の感覚。生命とは宇宙とは、そして生命、魂、愛。そんな全ての言葉が頭を回る。そして生きる意味を考えさせられた瞬間でした。


インター素テラー04

人と人の間…。
 宇宙に行く主人公と地球に残る娘、お互いが精一杯自分が今出来る事を…、そして最後には距離的には遠く離れているが親子が心を重ねて世界を守る。家族への愛、人類への愛を、恐ろしく壮大なスケールで魅せてくれる、名匠クリストファー・ノーランのSF文学ですね。


インターステラー02




※カッパの勝手な採点は…、
ゴーンガールと同時鑑賞は、キツいかも…。
8点半






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/867-23866bba