2013.01.07 宇宙戦争
カッパのみなソン
Selection vol.50

彼らは、すでに地球(ここ)にいる…。
宇宙戦争 2005年アメリカ

宇宙戦争01

 アメリカ東部のニュージャージーに暮らすレイは労働者階級のごく平凡な市民です。別れた妻との間には息子のロビーと娘レイチェルがいました。そして子どもたちとの面会の日、その異変は何の前触れもなく唐突に訪れます。晴天だった空が突如不気味な黒い雲に覆われると、吹き荒れる強風の中、激しい稲光が地上に達し、地面に巨大な穴を空けました…(後は映画を観て下さい)


たをごと02
 スティーヴン・スピルバーグとトム・クルーズが「マイノリティ・リポート」に続いてコンビを組み、有名なH・Gウェルズの同名原作を53年に続き再映画化したSFスペクタクル超大作です。異星人による地球への侵略と壮絶な破壊、さらには思いもよらぬ事態に混乱しながらも家族の愛と絆を確かにしていく主人公の姿を壮大なスケールで描いてます。共演は「ハイド・アンド・シーク暗闇のかくれんぼ」の名子役ダコタ・ファニング。

宇宙戦争02

オリジナルには勝てない。
 何と言っても、子供の頃の再放送で見た「宇宙戦争 1953年版」のインパクトは凄いです。ストーリーもショッキングでしたが、あの宇宙船のデザインと光と闇の恐怖…、怖かったし凄かった。そしてラストのサプライズ。SF映画は、面白いと痛感した。しかし、このリメイクは…、スティーヴン・スピルバーグとトム・クルーズ。前作の「マイノリティ・リポート」の悪い所を引きずっている感がしました…。何となく居心地の悪い映画かも知れません。


宇宙戦争04ちょっと一言!
原作から離れて火星人のマシーンを円盤形に変えた事も成功。デザインは日系のアルバート・ノザキ。この円盤は、その後日本の少年SFマンガに多々登場します。素晴らしいデザインです。



6点




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/86-fd98e28b