2015.03.17 檸檬のころ
カッパのみなソン

Selection vol.605


すべてが、きらめいていた。
檸檬のころ 2007 日本



檸檬00

 吹奏楽部の指揮者を務める高校3年生の秋元加代子は成績も優秀で卒業後は東京の大学に進学すると決めていました。そんな加代子に中学校以来秘かな想いを抱き続ける野球部の西巧…。しかし同じ野球部のエース佐々木富蔵は加代子への想いをストレートに表現、2人の距離は急接近。一方、音楽ライターを夢見る白田恵は軽音楽部の辻本一也と音楽談義で盛り上がり最後の文化祭へ向けて2人で一つの曲を共作することに…。(後は映画を観て下さい)



檸檬03誰もが通り過ぎてきた、
甘くて痛いあの時間。

 田舎の高校を舞台にした豊島ミホの同名連作短編集を映画化した甘酸っぱい青春ドラマです。ごく普通の高校生5人が卒業までの半年間に繰り広げる淡い初恋模様を瑞々しく綴ります。主演は「僕は妹に恋をする」「Nのために」の榮倉奈々。監督はこれが長編デビューの岩田ユキ。



たわごと03
さらば青春。
 この前、たまたまのシゴトで我が母校へと…。あの頃は、やたら広かった教室。今改めて見ると、こんなにも小さな世界。永遠と思っていた「時」も今は駆け足。…何もかもが、懐かしかった。そしてこの映画も、そんな一時を感じさせてくれるほろ苦い青春映画です。


檸檬02

少女よ泣くのはお止め…
 さだまさしの「檸檬」かと思いや、小椋佳の「さらば青春」が、何故か唄われています。ワタシ達の青春と今の若者達の青春。表現は異なっても、実は根底は同じ、みんな、みんな戯れの口笛を吹くのでしょうか…?



※カッパの勝手な採点は…、
きっと校歌を想い出します。
カッパ採点7点




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/850-f2364103