いつかみた映画
【其の百二二】



映画史上最高の面白さとたたみかける連続アクション。
007 ロシアより愛をこめて 
1963年 イギリス



ロシアより
 国際的秘密結社の首脳部は英情報部のボンドへの復讐のため、またソ連情報部の最新暗号解読機を手に入れるためソ連情報部の殺人機関の課長だったクレッブが、秘かに首脳部に転向したのを聞いてそれを知らぬソ連の下級職員を利用、実行する手筈が整いました。英情報部長Mのもとにトルコ支局長ケリムから、ロマノワというソ連情報部の娘がボンドの写真を見て一目惚れしたので彼に会わせてくれ、もしロンドンに連れて逃げてくれたらソ連の暗号解読機を盗み出すといって来ました…。(後は映画を観て下さい)


ロシアより02

007 危機一発
 物語は、国際的犯罪組織スペクターが仕組んだ英ソ間を巻き込む陰謀との闘いを描きます。オリエント急行で繰り広げられる、ロバート・ショウ演じるロシアの殺し屋との戦いや、ヘリやボートを駆使した機動的なアクションシーン、ボンドガール歴代No1の呼び声も高いD・ビアンキの魅力などなどエンタテインメントの要素がフルにつまった、これぞ007の代表的傑作だと言われています。マット・モンローの歌う主題歌も大ヒットとなりました。


たわごと03
これで、007は永遠となった…。
 007シリーズNo.1は…、と言えば、このパート2の「ロシアより」を上げる、007ファンは多いですね。もちろんワタシ達世代でも、さすがにオンタイムでは見てません…。公開当時の邦題が「007危機一髪」、リバイバルで「ロシアより愛をこめて」に改名。なんとも魅力的でステキな邦題なのだろうと今でも感心します。そして、このパート2があって、007は始まります。シリーズ化された作品はパート2がそれ以上だから映画史の刻まれるのでしょうね。余談ですがマット・モンローの主題歌を聞くたびに迫力に満ちた数々のシーンが蘇ってきます。


ロシアより03


そして、いよいよ公開、最新作。
 「スカイフォール」に続くシリーズ最新作のタイトルは「007 Spectre」。もちろんクレイグのほか、M役のレイフ・ファインズ、マネーペニー役のナオミ・ハリス、タナー役のロリー・キニア、Q役のベン・ウィショーが続投するらしいです。タイトルの「スペクター」は、原作で描かれたエルンスト・スタブロ・ブロフェルド率いる国際犯罪組織の名前で映画ではシリーズ第1作「007 ドクター・ノオ」から複数の作品に登場しています。


ロシアより04

ボンドガール モニカ・ベルッチ楽しみです !



※カッパの勝手な採点は…、
8点半




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/821-2816cf84