カッパのみなソン

Selection vol.581



誰にでも、帰りたい夏がある。
きみに読む物語 2004年 アメリカ



きみ01

 とある療養施設に独り暮らす初老の女性。彼女は若かりし情熱の日々の想い出を全て失っていました。そんな彼女のもとへデュークと名乗る初老の男が定期的に通い、ある物語を読み聞かせています。それは古き良き時代、アメリカ南部の「夏の恋物語」でした。1940年ノースカロライナ州シーブルック。裕福な家族とひと夏を過ごしにやって来た少女アリーは、そこで地元の青年ノアと出会い、その時、青年のほうは彼女こそ運命の人と直感、一方のアリーもまたノアに強く惹かれていくのでした…。(後は映画を観て下さい)



きみ02

 「メッセージ・イン・ア・ボトル」の著者ニコラススパークスの長編デビュー小説を映画化したラブストーリーです。運命的な恋に落ちながらその関係を引き裂かれてしまった一組の男女の時を経た永遠の愛をロマンティックに描きます。監督は「ジョンQ 最後の決断」「シーズ・ソー・ラヴリー」のニック・カサヴェテス。


たわごと03
愛について、語り合いたい。
 この映画は、レイチェル・マクアダムスが好きになれなかったら無理かも…、お嬢様に見えない。余り上品ではないな笑い方…、如何にもアメリカ的な彼女の魅力。ノアがなぜ、そこまで愛せるのか、優しくなれるのか…。未熟なワタシにはまだわかりません。ひと夏の恋、大人の選択、真実の愛…。愛の凄さを思い知らされました…(未熟者です)



きみ03



※カッパの勝手な採点は…、
夏にご用心…。
七半




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/820-9badb6c4