カッパのみなソン
Selection vol.47

俺たちはつかんだ。人生を変える、一歩を。
風が強く吹いている 2009年日本

風01

 寛政大学の4年生ハイジは、新入生のカケルに声を掛けると半ば強引に自分が寮長を務める竹青荘に入居させます。まかない付で3万円という破格の家賃の裏には陸上部への入部という条件が付いていましたるカケルは、高校時代には将来を嘱望されていた天才ランナー…。そんなカケルとの出会いが、ハイジに無謀な夢への一歩を決意させます。(後は映画を観て下さい)

たをごと02
 直木賞作家、三浦しをんの同名ベストセラーを「僕の彼女はサイボーグ」の小出恵介と「バッテリー」の林遣都主演で映画化したスポーツ青春ドラマです。大学の弱小陸上部を舞台に、一人の天才ランナーと8人の個性溢れる素人ランナーが、挫折を味わったエリート・ランナーに率いられ、箱根駅伝出場という無謀な挑戦に心を一つにして立ち向かっていく姿を、臨場感溢れるレースシーン満載でさわやかに綴ります。監督は脚本家として活躍し、これが初メガフォンとなる大森寿美男。

風02

すみません、影響されました。
 ご想像通り、昨日からのテレビ中継を見ていると、どうしてもこの作品が観たくなりました…。何作かあるブルーレイのストックシネマから引っ張りだして早速鑑賞。決して今だからだけではなく、素晴らしい作品です。
 最近の邦画の傾向で、この手の映画は多々ありますが、この映画は「本物」です。内容もともかく、カケル(林遣都)君の走るフォームとその鍛えたカラダ。そして、寮のグータラ住民達も物語の進行と伴に体型が変化していきます。もちろんココロは、脚本と演技で表現できますが、カラダは自らが創るしかない…。本気でないと出来ません。スタッフと出演者、映画に関わる全ての人が、本気でタスキをつないだ青春の名作です。

風03

速いよりも、強いこと…
 ハイジとカケルの会話のシーンで、長距離ランナーにとっての最高の褒め言葉は…、ハイジは言います「速い」よりも「強い」事…。そして、なぜ走るか。…確かそうかもしれない、「上手」に生きるよりも「強く」生きることが人生なのかも知れない…。


8点






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/82-c8ece173