みなそん003
Selection vol.02

宇宙戦艦ヤマト 2119 2012日本

ヤマト0001

 かつて日本中を熱狂させた伝説のアニメ「宇宙戦艦ヤマト」が、最高のスタッフと最新の技術を似て今蘇った! 時は西暦2199年。母なる地球は、いま最期の時を迎えようとしていた。謎の星間国家ガミラスの遊星爆弾により、死の星と化した地球。地価都市に逃れた人類に残された時間は、わずか1年…。もはや人類最期の希望は、九州坊ヶ崎沖に眠るヤマト。遥か銀河の彼方イスカンダルから差し伸べられた救いのメッセージを信じて、沖田艦長の下、若きクルーを乗せたヤマトが今旅立つ。

たをごと02
 ここ何年か、壮大なヤマトプロジェクトが進行した。さすが日本アニメの金字塔「宇宙戦艦ヤマト」。ガンダム・エヴァンゲリオンと共に他のアニメとは一線を引く「超世代アニメ」。しかし、故西崎氏の想いを込めた「復活編」。木村拓哉主演の超大作「SPACE BATTLESHIP ヤマト」。いずれもヤマトファンにしては、悲しい結末に終わってしまった…。しかし、これは凄い! ヤマトを愛する全てのファンが待ち望んだヤマトの集大成。
 その第一話は、ワタシが中学校1年生の春にはじまった…。当時はアニメではなく、漫画。そんな時、あのヤマトのオープニング(荒れ果てた大地からゆっくりと発信するシーン)カラダ中に電撃が走った。しかし、初回の放送は、「アルプスの少女ハイジ」等の裏番組等で大苦戦、しかし、再放送等で大人気を経て、映画化。漫画からアニメへの日本が世界に誇るアニメの礎となった。
 今回のこのOAVを先攻させたヤマトプロジェクトは、初回の「イスカンダル篇」をベースに、38年前の設定をよリアルに再構築し「ヤマトの魂」をしっかりと継承し、なおかつ今だから出来る最新の知恵と技術を駆使した世界に誇れるアニメと進化した!

ヤマト002

 このヤマトは、ヤマトを愛する全てファンへの、ヤマトで育った最高のスタッフが熱い想いで製作した逸品。個人的に好きなシーンは、第一話「イスカンダルの使者」での森雪の語りナレーションのシーンです。旧作ヤマトでは、ナレーションを重視した、古典的な演出でしたが、冥王星での地球軍の敗退後のシーンの後、カット代わり後、森雪の登場と子供他への地球歴のカルチャー。この語りでヤマトの世界観を全て説明し、よりリアリティを醸し出している。このシーンで、この作品が、ただヤマトブランドをヨイショした作品ではない! を痛感しました。
 38年前の脚本を今風にアレンジし、デジタルとアナログを融合させたもはあっぱれ! しかし、一つ分からないことが有ります。当時は確か、イスカンダルまでの距離は、片道14万8000光年だったと思いますが、
なんで 16万8000光年なの? 計測しなおしたの…そんな馬鹿な。

ヤマト03
先日、徳島で開催された「マチアソビ」に来てくださいました。


カッパ採点01
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/8-53e691d8