映画人02
episode.10


けんま01

幻魔大戦 1983年日本
 大宇宙の破壊を企む暗黒の支配者、幻魔と戦う地球の各地から集まった、エスパーたちの活躍を描きます。もちろん原作は日本を代表するSF作家平井和正、そして石森章太郎の同名の原作のアニメーションで、脚本は「宇能鴻一郎の姉妹理容室」の内藤誠、「HOUSEハウス」の桂千穂、真崎守の共同執筆、監督は「さようなら銀河鉄道999」のりんたろうがそれぞれ担当。


げんま02

さよなら平井和正。
 SF作家の平井和正さん 死去(1月18日 20時30分)ベストセラーとなった「幻魔大戦シリーズ」や「ウルフガイ・シリーズ」などで知られるSF作家の平井和正さんが、17日夜急性心不全のため神奈川県内の病院で亡くなりました。76歳でした。平井さんは昭和13年に神奈川県横須賀市で生まれ大学在学中に作品がコンテストで入賞したのをきっかけに作家としてデビューしました。原作を担当した漫画「8マン」はその後、テレビアニメ化されて大ヒットしたほか「狼の紋章」など「ウルフガイシリーズ」は、若い世代の人気を集めました。中でも石ノ森章太郎さんと共作した漫画「幻魔大戦」は、その後に小説も手がけるなど平井さんのライフワークとなりシリーズで合わせて2000万部を超えるベストセラーになったほか、昭和58年には漫画家の大友克洋さんがキャラクターデザインを担当したアニメ映画も上映されるなど、人気作家として活躍しました。超能力者や奇怪な生物などが登場する平井さんの劇画的な作品は、後の世代の日本のSF作家にも影響を与えました。平井さんの長女によりますと、平井さんは去年夏ごろから体調を崩し、入退院を繰り返していましたが、17日夜、急性心不全のため神奈川県鎌倉市内の病院で亡くなったということです。〈NHK NES webより〉


げんま004

また一人…。
 また一人、日本を代表する作家が亡くなりました。平井和正先生。ワタシ達の世代より少し上なのかも知れませんが、誰もが知るSF作家ですね。ワタシも高校生の頃、彼の代表作的な「サイボーグブルース」を読んで、感銘した事を鮮明に憶えています。そして、角川超大作アニメ「幻魔大戦」。流行りました「アルマゲドン」、そして超能力戦争。大友さんの素晴らしいキャラクターと石ノ森先生の世界観が凄く印象的です。




※カッパの勝手な採点は…、
アトムより、8マンが好きです。
カッパ採点7点





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/799-0061e567