ドラマのツボ
 part.42


夢のコラボレーションが実現!
オリエント急行殺人事件 第1話
2015年 フジテレビ


オリエント00


 昭和8年2月。下関港に一人の小柄な男がいました。勝呂武尊、日本全国を震かんさせた「いろは殺人事件」を解決し一躍有名人となった名探偵です。小倉の軍事施設で起きた殺人事件を解決した勝呂は、これから下関駅に向かい、特別急行東洋に乗ろうとしていました。特急東洋は下関と東京を結ぶ日本初の寝台付き列車。皇室関係者や政府の高官も利用する最新鋭の超豪華列車。ところが2月だというのに特急東洋の寝台は満席。たまたま下関で再会した鉄道省の役人・莫の計らいにより勝呂は無理やり一等寝室を確保してもらう事に…。(後はドラマを観て下さい)


オリエント01
三谷幸喜×アガサクリスティー夢のコラボレーションが実現!
 フジテレビ開局55周年企画の大きな目玉三谷幸喜版「オリエント急行殺人事件」2夜連続放送です。民放ドラマ初主演・フジテレビドラマ初出演の野村萬斎が演じるのは日本版名探偵ポアロ・勝呂武尊。共演者は、人気・実力共に兼ねそろえた、ドラマ・映画史上かつてない豪華な顔ぶれが勢ぞろいです。大ヒット推理ドラマ「古畑任三郎」を創り出した三谷幸喜がクリスティーの世界的名作に挑みます。今回の舞台は、昭和初期の日本です。昭和モダンが花開いた時代の超豪華列車。第1夜は、可能な限り原作を忠実に映像化。第2夜は、時間と空間を広げ犯人の視点から事件を再構築。それは、原作をこよなく愛する三谷幸喜しかなし得ない驚きの展開。 こうして、世界の誰も見たことのない「オリエント急行殺人事件」が誕生した !



たわごと03
三谷幸喜の真骨頂。
 観させて頂きました、三谷節の「オリエント急行殺人事件」。もちろん名匠シドニー・ルメットが映画化した超大作ミステリーの傑作です。ワタシも、もちろん大好きな作品でテレビの名画劇場で何度も観ました。そう誰もが知っている超有名なミステリー映画の原点。そして「誰もが犯人…」のこの結末を我らの三谷幸喜はどのように料理してくれるのだろうか、第1話を観た限りではかなりオリジナルを重視し、アガサ・クリスティーへのオマージュとして描かれている気がします。ただ、明日の第2話…。このままでは終わらないでしょうね ?


オリエント02


※カッパの勝手な採点は…、
コマーシャル、多すぎ !

六半




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/793-55eddc7c