映画的旅情
【其の十八】


古き良き横浜…。
コクリコ坂から vol.2
2011年日本


コクリコ01

 宮崎駿が企画&脚本を担当し「ゲド戦記」以来、5年ぶりに宮崎吾朗が監督を手がけた作品です。同名漫画が原作のスタジオジブリによるアニメ映画で、1963年の横浜を舞台に16歳の女子高校生・海の恋愛模様や友情を通して、まっすぐに生きる高校生たちの青春を描き出します。海役を長澤まさみ、彼女が好意を寄せる少年・俊を「軍師官兵衛」の岡田准一が演じています。



コクリコ02

あけましておめでとうございます。
 珍しく寒い元旦です。徳島市内でも今朝、雪がちらほら…、冷たい風と雪を連れてきた今年最初の冬将軍の襲来です。そんな寒いお正月は、やっぱり映画でしょ。本年度最初の映画は、宮崎吾朗の「コクリコ坂から」。もちろん、過去に アップ していますが、実は、…この前のオフ会で、ちょい若おやじさんが「横浜って海のイメージなんですが、実は山(坂道)…」。あっ、そうか? そして、今回は「横浜」を意識して見直しました…。


たわごと03
坂道と海と港…。
 舞台は1963年の横浜。にわか横浜ファンにとっては「いったいどこの場所?」と探したくなってしまいます。映画に登場する「コクリコ坂」はあくまで架空の場所なんですが、主に「代官坂」と「谷戸坂」がモチーフとなっているそうです。横浜港を見下ろす丘のは「海の見える丘公園」…。あぁ〜、やはり横浜にチャレンジしなと思いながら観ていると、ワタシが宿泊していた「ホテルニューグランド」も登場してました。


コクリコ04

 映画には桜木町駅、ホテルニューグランド等々も登場します。この「ニューグランドホテル」に今回も宿泊させて頂きました。もちろん歴史ある横浜を象徴する高級ホテル…。何ですが、ワタシ達が宿泊するのは日曜日の夜。驚く程にリーズナブルです。最高のおもてなしとプライド。そして最高のロケーションで頂く、絶品の朝食…。そして夜は「マリンルージュで愛されて、大黒埠頭で虹を見て、シーガーディアンで酔わされて」という、サザンの唄にも登場する、あの「シーガーディアンII」での大人の時間。ホテルの魅力が満載です。


コクリコ03

今度は、ひなげしの咲く時期に行きたい !

※肝心の映画は、
七半



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/784-da831bdd