いつかみた映画
【其の百十七】



おまえたちの好きにはさせない !
ホワイトアウト 2000年日本


ホワイト01

 辺り一面、雪に覆われた12月。日本最大の貯水量を誇る新潟県奥遠和ダムの作業員・富樫は同僚の親友・吉岡と共に向かった遭難者の救出の途中、吹雪と霧で作り出された視界0の世界「ホワイトアウト」に遭遇し、結果、吉岡を死なせてしまいます。それから2ヵ月後…、奥遠和ダムで吉岡の婚約者・千晶の訪問を待っていた富樫は突然ダムを襲ってきたテロリストグループによるダムジャック事件に巻き込まれる事に…。ダムの爆破をネタに政府に50億円の要求を突きつけるテロリストたち、辛うじて最初の難を逃れた富樫は仲間と下流に住む住民を守るため単身テロリストに闘いを挑む事に…。(後は映画を観て下さい)


ホワイト03

和製、ダイ・ハード。
 真保裕一の和製「ダイ・ハード」ともいうべきベストセラー小説を織田裕二主演により映画化。様々な想いを抱きながら命がけの戦いに挑む男の姿が胸を熱くする力作です。


たわごと03
寒い冬の夜長に…。
 ワタシの大嫌いな「冬将軍」到来…。徳島西部では12月には珍し大雪による被害。そして、北海道・東北での寒波による大雪。連日「朝のワイドショー」でも「ホワイトアウト」の脅威の報道が…、不謹慎だとは思いますが「ホワイトアウト」と聞くと、織田裕二と松嶋菜々子主演のこの映画を思い出してしまいます。


ホワイト02

原作、真保裕一…。
 読んでなくてスミマセン…。真保裕一氏の原作は、きっとかなり面白いと思います。しかし、この映画、何故か不思議です。前半の雰囲気と空気感は最高です。凍てつく寒さと要塞を思わすダム。そして、これから起こるべき出来事にワクワクします。しかし、しかし後半はダメダメ。邦画の悪い所が満載…。今更語りませんが、熱演する織田裕二さんの顔のドアップだけが記憶に残っています。そして、最後まで、織田裕二と松嶋菜々子は出会わない…。(それは以外と好きかも)

きっと、きっと素晴らしい原作を「ドラマW」で、
リライトして欲しいものです。


※カッパの勝手な採点は…、
カッパ採点7点




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/775-8cd47ab4