いつかみた映画
【其の百十六】



「竜二」そして、チンピラ。
チ・ン・ピ・ラ 1984年日本


チンピラ

 藤川洋一と梅沢道夫は、競馬のノミ屋で生活しているチンピラででした。彼らは時折、小遣い稼ぎに仲間と組み、ライブハウスのアトラクンョンとして「銃殺」寸劇を見せていました。洋一は、道夫と共に暴走族にからまれているところを助けた長崎裕子と道夫は美也という女と、それぞれよろしくやっている…。毎日が勝手気まま、自由人の生活でしたが、ある夜、2人がいつも通り「銃殺」寸劇をやろうとライブハウスを訪れたところ、仲間の太と木村が、伊藤会の組員を巻きこみ逆鱗に触れてしまっていいました…。(後は映画を観て下さい)


チンピラ03

金子正次の遺稿脚本。
 本物のヤクザになりきれず、自由気ままな毎日を送る二人のチンピラの姿を描いた異色のヤクザ映画です。前年に他界した金子正次の遺稿脚本を「竜二」の川島透監督が映画化。


たわごと03
憶えてますか、故・ジョニー大倉の名作。
 今や伝説的な脚本家、そして俳優の金子正次。大ヒットした「竜二」の後に製作されたのが、この「チンピラ」ですね。柴田恭平さんと惜しくも亡くなれれたジョニー大倉さんのダブル主演で、当時かなり話題となりました。真っ白はスーツで、軽やかに振る舞う2人。前作「竜二」とは少し違う空気感。それでもラストのジョニー大倉の死…、実は ? 今でも鮮明に憶えています。そして、今でもあのラストシーンは余計だったと思っています…。(根に持つタイプでゴメンね)


チンピラ02


※カッパの勝手な採点は…、
竜二も見てみたい!!

カッパ採点7点




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/769-d933605a