2014.12.01 寄生獣
カッパのみなソン

Selection vol.543



日常は、ある日とつぜん、食べられた。
寄生獣  2014年 日本


寄生01

 ある日突然、地球に謎の寄生生物「パラサイト」が出現しました。パラサイトは人間の体内に侵入すると脳を食べてその人間の身体を乗っ取り他の人間を次々と捕食していく凶暴な知的生命体でした。そんなパラサイトの増殖は人間社会に気づかれることなく水面下で徐々に進行していました。ごく普通の高校生・泉新一は、ある時パラサイトに寄生されてしまうますが、偶然にも脳への侵入は阻止することに成功…。新一の身体全体の乗っ取りに失敗したパラサイトは、やむを得ず彼の右手に居座り自らを「ミギー」と名乗って、新一に互いの生存のために協力し合うことを提案します…。(後は映画を観て下さい)



寄生05

 人間を捕食する謎の寄生生物「パラサイト」が出現した地球を舞台に、平凡な高校生・泉新一と彼の右手に寄生した「ミギー」が生き残るために奇妙な共闘関係を築き、他のパラサイトとの過酷な戦いに身を投じるさまを描いた岩明均の世界的ヒットマンガを「ALWAYS三丁目の夕日」「永遠の0」の山崎貴監督が前後編の2部作で実写映画化したSFサスペンスです。主演は染谷将太、共演に深津絵里、橋本愛、東出昌大ほか。また主人公の右手に寄生するミギー役を阿部サダヲが演じています ?


たわごと03
VFXに頼らない…。
 余り最近の漫画を判ってないワタシですが、この「寄生獣」は何とか知っている…。と言うより読んだ事があります。なかなか斬新な切り口と残酷でリアルな描写…。漫画と映画を上手に融合した秀作ですね。そして実写化不可能と言われたこの漫画をVFXの奇才山崎貴監督が映画化。たまたま見たバラエティ番組で、山崎監督は「VFXを出来るだけ使わない」事がこだわりだと言われていました。確かにギリギリまで実写にこだわり、最後の手段でCGに頼る…、山崎作品らしいこだわりだと思います。

寄生03

それ以上は、難しい…。
 そのこだわりで大成功したのは「ALWAYS三丁目の夕日」だと思います。西岸良平さんの「いつか見た昭和」を見事にCGを使っての実写化…。しかし、この最新の「寄生獣」のオリジナルは漫画とは言え「ターミネーター2」「エイリアン」「遊星からの物体X」等々の影響を受けての世界観(間違っていたらスミマセン)。映画から漫画、そてまた映画へ…。リアルにする事の意味が、少しズレている様な気がしました。


寄生04


※カッパの勝手な採点は…、
それでもパート2は見てみたい !

カッパ採点7点



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/759-53264914