カッパのみなソン

Selection vol.538



職業、スパイ。弱点、16歳の娘。
ラストミッション  2014年 アメリカ


ミッション00

 ベテランCIAエージェントのイーサンはある日突然、余命数ヵ月と宣告されます。そこで危険な仕事から足を洗い、残された時間を別れた家族と過ごしたいと願いパリへと向かう事に。ところが思春期の娘ゾーイとの溝は深まるばかり。そんな時、女エージェントのヴィヴィが延命を可能にする試験薬をエサに新たな仕事を持ちかけます。ターゲットは世界の命運を左右する超大物テロリスト。こうして、困難な暗殺計画に臨む凄腕エージェントと良きパパとなり娘の信頼を勝ち取るために奮闘する平凡な家庭人という2つの顔を同時に遂行するというかつてない過酷なミッションに挑むことに…。(後は映画を観て下さい)



ミッション02原案 リュック・ベッソン
 リュック・ベッソンが原案と脚本を手がけ、マックG監督、そしてベテラン、ケヴィン・コスナー主演で贈るサスペンスアクションです。ケヴィン・コスナー扮する不治の病に冒されたベテランCIAエージェントが、妻子との絆を取り戻すために、危険かつ厄介なミッションに挑む姿を、ユーモアを織り交ぜスリリングに描きます。共演はアンバー・ハード、ヘイリー・スタインフェルド。



たわごと03
スカッと、さわやか…??
 舞台がパリ。主人公が中年のオッサンでCAIの暗殺者、そして年頃の娘…。と聞くと勿論、あの「96時間」を想像してしまいます。リーアム・ニーソンから血統書付きのオッサン俳優、ケヴィン・コスナーにチェンジ…。と思いつつの鑑賞…。ゴメンナサイ、全く違います。冒頭のシーン以外はコメディ。そして何とも切れの悪いノリと曖昧な脚本。リュックベッソンお得意の「スカッと、さわやか」なフランス映画ではなく、炭酸のぬけたダイエットコーラのような甘ったるいアメリカ映画でした。


ミッション05



※カッパの勝手な採点は…、
女心とリュックベッソン… ?
6点





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/752-6de6248d