2014.11.19 渇き。
カッパのみなソン

Selection vol.536



愛する娘は、バケモノでした。
渇き。 2014年 日本



渇き01

 妻・桐子の不倫相手に対して傷害沙汰を起こし警察を追われ妻とも別れて自暴自棄になった男、藤島昭和。ある日、桐子から娘の加奈子が失踪したとの連絡が入ります。成績優秀で容姿端麗な学園のカリスマだった高校3年生の加奈子。そんな彼女が何日も帰っていないというのでした。自ら捜索に乗り出した藤島は娘の交友関係を辿っていくうちに優等生だとばかり思っていた加奈子の意外な一面が次々と暴かれていく…。(後は映画を観て下さい)



渇き03

 「嫌われ松子の一生」「告白」の中島哲也監督が、深町秋生の第3回このミステリーがすごい! 大賞受賞作「果てしなき渇き」を映画化した戦慄のバイオレンスエンタテインメントです。失踪した娘の行方を追う元刑事のロクデナシ親父が次第に明らかとなる娘の裏の顔と闇の交友関係に翻弄され狂気と怒りで大暴走していくさまをスタイリッシュかつ過激な映像表現満載に描きます。出演は、父親役に役所広司、その娘役にモデル出身で本作が、本格スクリーンデビューとなる小松菜奈の怪演が見物です。


たわごと03
同じ血が流れている…。
 失踪した娘の行方を追う、超ロクでなし親父…。何となくよくあるストーリーなのですが、この藤島という元刑事の男、暴力と暴言でしか自分を表現できないようなトンデモないクズ野郎なんです。一昔前なら決して主人公は、ならない男。そして、その娘は、同じ血がながれる現代社会が生んだモンスター。切ったり、刺したり、どついたり…、観ている方が痛くなってくる。ワタシの苦手な映像が連呼されます…、「嫌い」それでも「観てしまう」。そして「感じる」…。はっきり言って、好きではない映画です。それでも一気に最後まで見せてしまう、中島哲也監督のテクニックはさすがです。


渇き02



※肝心の映画は…、
現実が映画を変えてゆく…。

七半





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/749-d6743857