カッパのみなソン

Selection vol.516



まっすぐって、ぶつかる。
武士道シックスティーン 
2010年日本


武士道01

 厳格な父のもと3歳から鍛練を積んできた剣道エリートの磯山香織。ずっと負け知らずだった彼女は、とある大会で同学年の無名選手にリズムを狂わされ、まさかの敗戦を喫してしてしまいます。半年後、そのことが忘れられず自分を負かした相手を追って剣道の名門、東松学園女子高等部に入学した香織。しかし、再会した因縁の敵、早苗は勝ち負けにこだわらず純粋に剣道が好きというだけのお気楽少女でした…。(後は映画を観て下さい)



武士道02

 誉田哲也の同名ベストセラーを成海璃子と北乃きい主演で映画化した青春剣道ストーリーです。剣道への向き合い方がまったく対照的な2人の女子高生が出会い、ライバルとして互いに影響し合う中で様々な迷いや葛藤を繰り返しながら成長していく姿をユーモラスかつさわやかに綴ります。監督は「ロボコン」「ホームレス中学生」の古厩智之。


たわごと03
いつか見た、成海璃子。
 古厩監督の「ロボコン」は、ワタシ的に青春映画の名作だと思っています。まだ知名度の低かった、長澤まさみと小栗旬を見事に開花させた幻の名作。そして、この「武士道シックスティーン」は、ご存知、正当派青春女優、成海璃子ちゃんの代表作。ワタシが持つ彼女のイメージは「子供の頃のクラスメイトに必ずいる優等生の女の子」。そんな彼女は、書道家ではなく武道家へ。凛として真っすぐで、それでいて撓りが無い…。彼女らしい高感度の持てる爽やかな作品です。


武士道03

ワタシ的、成海璃子三部作。
 「書道ガールズ」「武士道シックスティーン」「少女たちの羅針盤」は、ワタシが勝手に「成海璃子三部作」だと思っています。青春映画としては珍しく、好きとか嫌いの恋愛ごっこが無い事が、嫌いではない…。



※肝心の映画は…、
北乃きいちゃんも、もちろん最高。

七半




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/724-245a27b1