2014.10.04 プリズナーズ
カッパのみなソン
Selection vol.504



愛する娘を奪われた時、父が踏み越えた一線とは。
プリズナーズ  2013年アメリカ


プリ01

 ペンシルヴェニア州ののどかな田舎町。感謝祭の日、工務店を営むケラーの6歳になる愛娘が隣人の娘と一緒に忽然と姿を消してしまう。警察は現場近くで目撃された怪しげなRV車を手がかりに乗っていた青年アレックスを逮捕します。しかしアレックスは10歳程度の知能しかなく、まともな証言も得られないまま釈放の期限を迎えてしまう…。一向に進展を見せない捜査にケラーは指揮を執るロキ刑事への不満を募らせる。そして自ら娘の居場所を聞き出すべくついにアレックスの監禁という暴挙に出てしまう…。(後は映画を観て下さい)



プリ03

 「灼熱の魂」が高い評価を受けたドゥニ・ヴィルヌーヴ監督がヒュー・ジャックマンとジェイク・ギレンホールを主演に迎えて贈る緊迫のクライムサスペンスです。アメリカの田舎町を舞台に何者かに掠われた6歳の少女の捜索を巡って繰り広げられます。冷静沈着に捜査を進めていく刑事(ジェイクギレンホール)と自らの手で一刻も早く我が子を見つけ出そうと暴走していく父親(ヒュージャックマン)の対照的な姿をスリリングに描き出します。



たわごと03
ワタシなら、どうするのだろう… ?
 もしも、最愛の子供が連れ去られた時に「親」として「人間」として、どう行動をとるのだろうか ? この映画の父親のように、自らで怪しい犯人を捕らえて非道な尋問するのか。それとも警察や法に委ね、じっと待つのか…。ワタシがもし父親の立場ならばどうするのだろう…?  そして、現実に悲しい出来事として報道されている数多くの事件。この映画は「絵空事」ではなく、現実の社会を鷲摑みに描いています。


プリ02

サスペンスとしても見応え十分。
「もし自分ならどうする」と言うシンプルで奇抜なメッセージ。そして、それをどう受け止めるかでこの映画の見方が、大きく変わってきます。過激な行動にでる、父親ヒュー・ジャックマンと、それと裏腹に冷静な、刑事ジェイク・ギレンホールとのやり取り…、そして多くの点(謎)が線で結ばれた時…。あなたは、何を信じますか ?


※肝心の映画は…、
是非とは、秋の夜長に鑑賞して下さいね!?
8点





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/705-a5b76459