2014.09.03 舞妓 Haaaan!!!
カッパのみなソン
Selection vol.477



京都は日本の宝どす。
舞妓 Haaaan!!! 2007年



舞妓00

 鈴屋食品の東京本社に勤務する平凡なサラリーマン鬼塚公彦。彼は高校時代に修学旅行先の京都で舞妓に出会って以来、熱狂的な舞妓ファンとなり、いつかは「舞妓はんとの野球拳」という究極の夢を抱いていました。まだ「お茶屋」で舞妓と遊んだことがない公彦でしたが、念願の京都支社への転勤が決まり同僚OLの彼女、大沢富士子をあっさりと捨てて京都入り…。(後は映画を観て下さい)



舞妓01

 人気脚本家のクドカンこと宮藤官九郎が「舞妓」の世界を舞台に書き下ろしたオリジナル脚本で華麗に贈るドタバタコメディです。「憧れの舞妓はんと野球拳を」と夢見る1人のサラリーマンをめぐって繰り広げられる奇想天外な物語が予測不能かつノンストップで展開して行きます。監督はTV「ぼくの魔法使い」でも宮藤脚本を手掛けた「花田少年史幽霊と秘密のトンネル」の水田伸生。出演はこれが映画初主演らしい個性派俳優、阿部サダヲ。共演に堤真一と柴咲コウ。


たわごと03
あまちゃん以前のクドカン。
 今や国民的脚本家、宮藤官九郎。ご存知「あまちゃん」が社会現象となるヒットとなり好感度も抜群。しかし、本当の彼は、そんな「好感度男」ではないでしょ? この作品にしても「舞妓はんと野球拳を」する事を人生の目標とする男…。そんなの変でしょ! そんなヘンテコや切り口を当たり前のようにエンターテーメントとして作り上げる…、やっぱり彼は凄いんだと思ってしまいます。そして、主演の阿部サダヲも堤真一も良かったです。ある意味この映画は、阿部サダヲのプロモーションのような作品ですが、なんとこれは彼の映画デビュー作。一直線に邁進する彼の姿に何かを感じてしまいます。


舞妓02


ちょつと01
ごめんね青春! 楽しみです。
 脚本クドカン×錦戸亮ドラマ「ごめんね青春!」で再タッグ。 そして共演は、ワタシのお気に入りの満島ひかりさん。とても楽しみにしています!

舞妓04


※肝心の映画は…、
宮藤官九郎さん、あなたは凄いです !

カッパ採点7点





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/674-8d892a7a