2014.08.05 ラヴレース
カッパのみなソン
Selection vol.454



私をスターにした、最悪で華麗な17日間。
ラヴレース 2012年アメリカ



ラヴ00


 1970年。厳格なカトリック教徒の家に育った21歳のリンダ・ボアマン。厳しい両親に反発を感じていた彼女は、バーを経営するチャック・トレイナーと出会いたちまち恋に落ちます。すぐに結婚したリンダはチャックの手ほどきで性の快楽に目覚めるとともに…。しかし最初こそ優しかったチャックでしたが、次第に強権的で暴力的な本性が…。(後は映画を観て下さい)




ラヴ03

 全米に衝撃をもたらした伝説のポルノ映画「ディープ・スロート」に主演し一躍時の人となったポルノ女優リンダ・ラヴレースの悲劇的な人生を「マンマ・ミーア」のアマンダ・セイフライド主演で映画化した伝記ドラマです。共演はピーター・サースガード、ハンク・アザリア、シャロン・ストーン、ジェームズ・フランコ。監督は「セルロイド・クローゼット」のロブ・エプスタイン&ジェフリー・フリードマン。



ラヴ02


たわごと03
なんてこった、アマンダちゃん !
 ストーリー性のある初の一般劇場用ポルノ映画として1972年に全米公開された「デープ・スロート」。アメリカ人、男子で知らないものはいないと言われるほど語り継がれている伝説のポルノ映画だそうです。この社会現象にもなり大ヒットした作品の主演を務めたリンダ・ラヴレースの生涯を描きます。彼女は、ハリウッドのセレブのパーティでもてはやされ一方、プライベートでは自分を業界に売り込んだ夫のDVに耐え忍び救いのない状況に追い込まれていた彼女…、その彼女を演じるのは、ワタシのお気に入りの1人、アマンダ・セイフライド。まさに体当たりの演技で、迫真の演技を魅せてくれますが…、ワタシ的には少し悲しいですね ?



※肝心の映画は…、
お母さんは、シャロン・ストーン !


六半






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/645-271028c8