カッパのみなソン
Selection vol.451



バツイチ・ハゲちゃびんの僕…。
ペコロスの母に会いに行く 2013年日本



母01

 離婚して子連れで長崎に戻ってきた売れない漫画家のゆういち。そして母のみつえは、夫に先立たれて以来、認知症が進行していました。そんな男やもめで認知症の母を世話するのは簡単なことではなく、ケアマネージャーの勧めもあり、ゆういちは悩んだ末にみつえを介護施設へ預けることに…。(後は映画を観て下さい)



母04

 長崎在住の漫画家・岡野雄一の同名エッセイ漫画を岩松了と赤木春恵の主演で映画化したハートフルドラマです。認知症の母とバツイチの息子の何気なくも心温まる日常をユーモアとペーソスを織り交ぜ、優しく綴ります。共演は、長崎出身の原田姉妹、加瀬亮、竹中直人。監督は「時代屋の女房」「ニワトリはハダシだ」の森崎東。



たわごと03
愛おしくて、ホロリ切ない…。
 ワタシ全く勘違いをしていました。ペコロスとは、小さなタマネギ…、実は何処か外国に地名だと思ってました。ご想像どおり、異国の母に逢いに行く、国際的なヒューマンドラマだと、勝手も想像してました。何のその、この映画、オール長崎ロケ、そして、ペコロスとはハゲ頭の事…、如何にも森崎東監督らしいモチーフで、人の絆をしっとりと魅せてくれます。久しぶりに見た森崎東監督の映画、かなり厳しいテーマなのですが、何となく、ホットする出来映えです。



母02


ちょつと01
長崎の原田姉妹。
 毎度おなじみの尾道ではなく、実は長崎出身の原田姉妹。この作品では、姉さんの原田貴和子さんが熱演されています。久々にスクリーンに登場した、原田貴和子さん…、最初は少し違和感もありましたが、見ているうちに、赤木春恵と重なり合いました。やはり、古里での映画は彼女を原点へと導くのでしょうか ?




※肝心の映画は…、
母に捧げる物語。


七半




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/641-082ada98