2014.07.18 おやじの背中
ドラマのツボ
part.31


日曜劇場が、帰ってきた。
おやじの背中 第1話 圭さんと瞳子さん 
2014年 TBS



おやじ01

 東京郊外にある古いが手入れの行き届いた一軒家。ここで 樋口圭太郎は娘の 瞳子と二人で暮らしています。そんなある日、瞳子は同僚の 奥住から突然プロポーズされます。妻と離婚したので前々から好意を抱いていた瞳子と結婚したいという。そんな奥住に瞳子は…。その夜、圭太郎が食中毒で病院に運ばれそのまま入院することに。1人家に帰ってきた瞳子は、やがて激しい不安に襲われます…。(後は映画を観て下さい)



おやじ04


10人の脚本家による、10の物語。
 TBS テレビは7月13日から、日曜劇場 「おやじの背中」 をスタートさせました。プロデュースは 「オヤジぃ」 「カミさんの悪口」などの数々のホームドラマを手がけ多くのヒット作を送り出してきた八木康夫氏。毎回異なる脚本家のオリジナルストーリーの中で10組の俳優が父と息子または娘を演じる意欲作です。


おやじ02

そして、10人の脚本家は…。
 池端俊策、井上由美子、岡田惠和、鎌田敏夫、木皿泉、倉本聰 、坂元裕二、橋部敦子、三谷幸喜、山田太一。数々の名作・話題作で時代を切り取ってきたドラマの達人たちが顔を揃えました。


たわごと03
第1話は、今を時めく岡田惠和作品。
 ワタシの大好きな「最後から二番目の恋」の脚本家、岡田惠和作品が、トップバッターです。タイトルは「圭さんと瞳子」さん。田村正和さんと松たか子さんが親子。過去の事故が原因で、夜を過ごせない娘と、その父親の心温まるストーリーです。岡田惠和さんらしく、街の雰囲気や空気感、そして2人の粋な会話。テレビドラマとしては今どき珍しい地味な作品ですが、1話完結時の「東芝日曜劇場」を再現した珠玉の1作です。


おやじ03

オヤジの失恋。
 娘がいないワタシが言うのも僭越ですが、お父さんって娘が生まれた時点で「失恋」の運命を背負うものなのでしょうね。どんなに娘を愛しても、きっと他の誰かに奪われる…。失恋する事が運命とされいる「愛情」だからこそ、とっても素敵な家族の物語が生まれるのでしょうね。




※肝心の映画は…、
1話完結の「東芝日曜劇場」が好きでした。


七半





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/628-eebc7ed9