2014.07.01 風立ちぬ
カッパのみなソン
Selection vol.431



生きねば。
風立ちぬ vol.2 2013年 日本


風01

 少年の頃から飛行機に憧れ東京の大学に進学ドイツへの留学を経て、航空技術者となった堀越二郎。夢や憧れ、恋、やがて近づく戦争など、零戦を設計したことで知られる彼の若かりし頃を描きます。


風03

たわごと03
最後の宮崎駿監督。
 TSUTAYA DISCASから今朝やっと届きました。この作品は、上映前にエフエム徳島主催の試写会で選考して観させて頂きましたが、この度ブルーレイがリリースされ再鑑賞させて頂きました。そんな事で 二度目〈←自分リンクでスミマセン〉 のアップです。
 宮崎駿の「崖の上のポニョ」以来5年ぶりとなるこの新作は、零式艦上戦闘機を設計した実在の人物、堀越二郎と、同時代に生きた文学者・堀辰雄を織り交ぜた主人公・二郎の姿を描く大人のラブストーリーです。大正から昭和にかけての激動の時代を生きた人々の物語がつづられます。改めて観ると、宮崎監督らしいと言うか宮崎アニメの総決算なのだと痛感しました。そして、最初で最後の大人の恋がテーマ。しかし、さすがは宮崎監督…、下手です、そして好きです。この程度のラブストーリー、もちろん今の時代に通用しません。しかし、そのギコチナさがもの凄く新鮮。観ている方が照れてしまう…。そこが宮崎監督の良い所なのでしょうね!?


風00

ちょつと01
こだわりの、モノーラル音声。
 今月のHiViでも特集を組んでましたが、このブルーレイディスクには、1.0ch DTS-HDMAを収録しています。今の超デジタル時代に、敢えてモノーラルを選択する…、いかにも宮崎監督です。昨今の映画をモノーラルで作るのは、逆に難しい、もちろんの事、昔よりも音の数が増え、ダイナミックレンジも広くなり、それらの音を一つのトラックにまとめなければならない…、これまた手間のかかる作業をされましたね。ジブリスタッフは大変!!


風02



※肝心の映画は…、
ベテランの少年が、創った大人の映画です。

九点






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/613-afb8fd3c