カッパのみなソン
Selection vol.422



美しい獣たちのミッションが始まる!
スパイ・ゲーム 2001年 アメリカ



スパイ01

 数々の困難な任務を遂行し今や伝説の存在と化したCIA工作員ネイサン・ミュアー。彼にとってトム・ビショップはその弟子でもありもっとも信頼のおける相棒でした。ミュアー自身がスカウトしスパイに関するあらゆることを教え育て上げ、2人は互いに尊敬し固い絆で結ばれていいました。しかしミュアーのCIA退官日、ビショップが中国側にスパイ容疑で逮捕される事件が起きます。ミュアーはビショップを見捨てようとするCIA上層部の反対を押し切り背後の巨大な陰謀を承知の上でビショップ救出の壮大な作戦を計画するのでした…。(後は映画を観て下さい)


スパイ03

 「リバー・ランズ・スルー・イット」では監督と主演という立場で顔を合わせたロバート・レッドフォードとブラッド・ピットの新旧2大スターが、ほぼ10年ぶりに今度は、共演という形で再会を果たしたスパイアクションです。監督は今は亡き名匠のトニー・スコットが職人の技を魅せた逸品です。


たわごと03
レッドーフォード & ブラピ
 世界が認める、新旧の男前俳優がスパイの師弟関係で共演…、って言うだけで二重丸。そして、監督が映像の魔術師トニー・スコット。そう彼らしくグイグイと引き込んで行く映像、そしてテンポ良さ…。完璧すぎる演出と演技。しかし映画としては何となく物足りない…。と言いながら、実は何が足りないのかワタシには分からない。レッドフォード贔屓のワタシが言うのも失礼ですが、敢えて言うなら技に溺れたトニー・スコット…。


スパイ02



※肝心の映画は…、
ふたりの関係は、子弟から親子へと…。


七半




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/603-ef3864ff