FC2ブログ
ドラマのツボ
part.27


大人の青春は、ややこしい !
続・最後から二番目の恋 2014年4月〜 フジテレビ



最後01

 2012年1月、ワンクールの連続ドラマとして放送され好評を博し続編を期待するファンか­らの後押しを受け、2012年11月にはスペシャルドラマとして放送された「最後から二­番目の恋」。その大ヒットドラマが「続・最後から二番目の恋」とタイトルを改め4­月17日から連続ドラマとして放送ています。岡田惠和氏の秀逸な完全オリジナル脚本で、古都・鎌倉を舞台にドラマに登場するキャラクターたちのリアリティーを重視しながら、彼らの「相変わらずの日々」を丹念に紡ぎ出して行きます…。(後はドラマを観て下さい)



最後05

期待の続編…、好発進も賛否両論。
 初回平均視聴率14.0%を記録。同クールの民放連ドラ視聴率において「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ)「アリスの棘」(TBS)に続く3番目の好発進でした。前作は2012年1月クールに放送され「第49回ギャラクシー賞」を受賞するなど、各賞を総なめにしました。満を持しての続編ですが、前作のファンからは…「がっかりした」という感想もあるそうです。
最後02

【日刊サイゾーより】
 ネット上では「大好きなドラマなので、続編も最後まで見続けたい」「やっぱり、このドラマの雰囲気が好き」「さすが岡田惠和さんの脚本」といった賛辞もあるが、一方で「フランスで偶然とか、展開がありえない」「千秋と和平の言い合いが、長くしつこく、見ていて飽きてしまった」「今回は、いろいろと誇張しすぎ」「続編は、脚本が悪ノリしてる」という意見も…。



たわごと03
それでも、ワタシは嫌いではない。
 テレビドラマの宿命「視聴率」。前作のこのドラマは平均視聴率は11~13%。決して高くはなかった。特に前半は低く、視聴率が上がったのはドラマの後半から…。むしろ放送後の評価と、小泉今日子の「あまちゃん」等の人気で、今回の続編が製作されたのでしょう。もちろん初回の視聴率を意識するのがテレビの世界。少々大げさな、誇張された脚本・演出は仕方なかったのでしょう。そして今日…、只今。第二話がオンエアーされています。今後の展開を暖かく見守って行きたいと思っています。

最後06

新キャストも魅力的… ?
 前シリーズでレギュラーだった益若つばさや、美保純は見当たらないものの、飯島直子や内田有紀、坂口憲二らは引き続き出演。そして、鎌倉市市長役の柴田理恵や、千明の元カレ役の加瀬、和平の娘の彼氏の母親役の長谷川京子らがキャストに加わりましたが、ドラマは全く前作の続きで、前作を観てないと全く分からない…。その辺が、テレビらしくないのですが、ワタシ的には大好きです。

最後04

ドラマは氷山の一角。
 このドラマで素晴らしいと思ったのは…、映像化されていない所でも、しっかりと時間が経っていました。前作から今回の続編…。カメラが回ってなくとも、彼らは普通に生活し、それぞれが、それぞれの生活を送っていた時間が、しっかりと描かれています。この前観た、ビフォア・サンライズ とよく似ています。


ちょつと01
足の裏が痛い… ?
 上の写真の中井貴一。海岸を裸足で歩くと、もの凄く痛い ! そう子供の頃って、平気で小石の上を走り回っていましたよね ? しかし、大人になると海辺や河原の小石が痛い、これってオッサンになった印なのでしょうか ? 海で、「青春」するのは若者の特権…。




※肝心のドラマは…、
フランスロケは、ちょっと不味かったかなぁ ?

カッパ採点7点




スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/549-123984d4