FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.383



信じ続ければ、世界は変わる。
42 世界を変えた男 2013年アメリカ 



42-01

 1945年、ブルックリン・ドジャースのGMブランチ・リッキーは、1人の黒人選手と契約を交わします。その名はジャッキー・ロビンソン。当時メジャーリーガーは白人だけの世界。リッキーのこの決断に対し非難の嵐が巻き起こります。それでも下部リーグの3Aに出場し逆境の中で実績を残していくジャッキー…。そしてついに1947年、彼はドジャースの一員として、背番号42のユニフォームに袖を通しメジャーのグラウンドに立つ事に…(後は映画を観て下さい)



42-03

 史上初の黒人メジャーリーガーとして幾多の差別を乗り越え、野球界の新たな1ページを切り開いた伝説のプレイヤー、ジャッキー・ロビンソンの不屈の人生を描いた感動の伝記ドラマです。彼と彼を周囲の猛反対を押し切り起用したブルックリン・ドジャースのやり手GMブランチ・リッキーの2人が繰り広げる孤独で過酷な戦いの行方を綴ります。主演はチャドウィック・ボーズマン、共演にハリソン・フォード。監督は「L.A.コンフィデンシャル」「ミスティック・リバー」などの脚本で知られるブライアン・ヘルゲランドです。



たわごと03
やり返さない、真の勇気。
 勿論、この映画は只の野球映画ではないです。背番号42。そう、世界を変えた…、いや、世界を救った1人のスポーツ選手の過酷な物語です。「やり返さない勇気」。これこそが、真の勇気であり、今のこの時代に最も必要な事なのでしょう。この映画は、実話であり、今もう一度彼の勇気と彼を支援したGMブランチ・リッキーを通じてのメッセージだと思います。


42-02

新たな、ハリソン・フォード。
 ロビンソンを支えたGMブランチ・リッキーを演じたのは、ご存知ハリソン・フォード。かつての彼の面影とはだいぶ異なりますが、彼だからこそ演じる事の出来る、彼を見事に演じています。今後の彼の活躍が想像できます。



ちょつと01

イチロー

イチローも42番を…。
 「42」とはジャッキーの背番号であり、彼のメジャー出場後50年が経ってからも、唯一の全球団での「永久欠番」になったものです。彼の功績を称え、ジャッキーが、初めてメジャーリーグに出場した4月15日にメジャーリーグの球団のみんなが「42」の背番号のユニフォームを着るようになったそうです。そして勿論、あのイチローも「42」背負いました。



※肝心の映画は…、感動しました!!

8点半






スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/547-5f5c7397