カッパのみなソン
Selection vol.381



待ってろ… 絶対、また逢えっから…。
名探偵コナン ベイカー街の亡霊 
2002年日本


コナン00

 コナンたちが住む米花シティーホールで、ゲーム業界を一変させる体感シミュレーションゲーム「コクーン」の発表会が開催されることになりました。繭の形をしたカプセルに乗り込んで楽しむこのゲーム、さっそくコナンたち少年探偵団がこの中に入ってゲームを楽しもうとしますが、ふと気づくと彼らはどこか見知らぬ場所へと降り立っていました。そこは深い霧に包まれた今から100年前のロンドン。そして彼らの前には歴史に名立たる凶悪犯「切り裂きジャック」が…。(後は映画を観て下さい)



コナン03

あの野沢尚氏の脚本。
 名探偵コナンが謎に包まれた難事件を解決する人気TVアニメの劇場公開版第6弾です。本作の脚本を担当するのは数多くのTVドラマや映画の脚本を手掛け「破線のマリス」で江戸川乱歩賞を受賞するなど小説家としても活躍する名脚本家、故野沢尚氏。19世紀末のロンドンを舞台に尊敬するホームズの世界へと迷い込んだコナンの活躍を描いてます。


コナン01

 名探偵コナンって確か「少年サンデー」で連載していた漫画…。正直ワタシはこのコナンに対しては、その程度の想い。「未来少年コナン」は大好きだけれでも、どうも安易なキャラクター設定が好きになれなかった(ファンの方ゴメンナサイ)。しかし、この「ベイカー街の亡霊」は、あの野沢尚さんが脚本。何でなんだろうと思いながら劇場に足を運びました。確かに彼らしい奇抜なアイデアとホームズへの想いが伝わってくる、大人も楽しめるアニメでした。しかし、コナンの世界観での彼の脚本。コナンファンの世界観を壊さない配慮が少々中途半端になっていたのが残念です。


たわごと03
ちょっと困った事に…
 ワタクシゴとですが…。明日、奥様の福山雅治ドームツアーのおまけで「大阪〜京都」へと行きます。もちろんコンサートには行きませんが、その間、最新のドルビーシステムを搭載した最新劇場で映画鑑賞をする事を計画してました。そして、予想では当日から公開作品の「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」がだと思ってましたが…、何とも 名探偵コナン 異次元の狙撃手 なんです。
 決して「キャプテン〜」が好きな訳でもないのですが、折角の超大画面と最新の音響システム。内容ではなく製作費。コナンが嫌いな訳でも嫌でもない、むしろストーリー的にはこっちが上なのでしょうが、テレビシーズアニメをこの環境で観るとは…。失礼ですが、ちょっと残念。それでも映画カッパの名に恥じないよう、しっかりと鑑賞して参ります。


コナン04

そんなこんなで、明日はブログを休ませて頂きます。




※肝心の映画は…、
野沢氏の「眠れる森」は大好きです!!

6半点






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/544-fbeeb34c