逍遥
カッパのそぞろ歩きです。〈第六話〉


映画の新たなリスニング体験をもたらす…。
ドルビー アトモス


ドルビー00

 「ドルビーアトモス」は、2012年春にドルビーラボラトリーズが発表した新しいシネマ音響らしいです。スピーカーを天井に設置し高さを含む3次元的な表現を可能としスクリーンチャンネルとサラウンドチャンネルを同じクオリティで再生し、さらにスピーカー毎に自在に音を配置し移動させることができるため、より自然でリアルな音場を体験することができるそうです。そしてドルビーアトモスはハリウッドのメジャースタジオで既に採用されており多くの映画製作者に支持されているそうです。例えば、ドルビーアトモスが採用されているのは「ゼログラビティ」「ハンガーゲーム2」「アナと雪の女王」などがあります。


ドルビー01


たわごと03
天井から、音が降ってくる…。
 私事ですが来週週末にまたまた、福山雅治さんの全国ツアー「WE'RE BROS. TOUR 2014 HUMAN」が開催され、奥様の「おまけ」として大阪に行きます。もちろん大阪ドームのコンサートには入れてくれません…。そんな訳で、折角ですから、枚方(大阪)に新しくオープンした最新のシネコンへ行ってきます ! 

ドルビー03
 3月12日〜大阪府枚方市「KUZUHA MALL」内にオープンするシネマコンプレックス「TOHOシネマズ くずはモール」に、西日本初となるドルビーアトモスが導入されました。今や、ほとんどの映画館に導入されていサラウンドシステムは、5.1chや7.1chと呼ばれているものがそうですね。 そして、今回登場したの「ドルビーアトモス」は、 従来のサラウンドシステムよりも、ずっと精密に、より立体的に音の動きを表現し映画に臨場感あふれる音場をもたらすそうです。


進化する映画…、そして、観るから体感へと。

ドルビー02 ドルビーアトモスは最大64chの独立した音を劇場内に配置でき「天井」にもサラウンドスピーカーを付け、映画に頭上からも音声が飛び交うらしいです。 館内のどの位置にでも自在に音を定位させたりその音を移動させたりでき、 また全てのスピーカーが独立しているので ひとつ一つのスピーカーを移動するように音を動かすことも可能です。頭上をかすめてジェット機が飛んで行くような感覚もリアルに表現してくれます。



アメリカ01

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー
 そして、多分見せて頂くのは「キャプテンアメリカ ウィンター・ソルジャー」です。4月19日封切りの最新ハリウッド映画です。しかし、正直ワタシ的には少々苦手な作品…。あの「アベンジャーズ」を継承し「キャプテンアメリカ」の続編…。映画を楽しむよりも最新のデジタル技術をしっかり勉強してきます!!






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/536-96ccb8bc