2014.04.03 マトリックス
カッパのみなソン
Selection vol.371



なぜ 気づかない…。
マトリックス 1999年アメリカ



マトリックス01

 ニューヨークの会社でしがないコンピュータプログラマーとして働くトマス・アンダーソンには、裏世界の凄腕ハッカー「ネオ」というもうひとつの顔がありました。ある日、彼はディスプレイに現れた不思議なメッセージに導かれるまま謎の美女トリニティと出会います。そして彼女の手引きによってある人物と接見する事に…、その人物とは電脳世界ではもはや伝説と化しているモーフィアスという男。モーフィアスはネオに告げます。この世界は現実ではない…。(後は映画を観て下さい)


マトリックス03SFXの金字塔。
 犯罪スリラーの傑作「バウンド」で監督デビューを果たしたウォシャウスキー・ブラザースが、ワーナーブラザースの資本を得て作り出したのは新感覚の最新のSFXで彩られた重厚かつスタイリッシュな超弩級アクション巨編です。
たわごと03
今更、語れない名作。
 この「マトリックス」第1作目が公開された時の衝撃は今でも鮮明に覚えています。アナログからデジタルへの移行を映画を通じて痛感しました。時代の移り変わり、そして時代の進化。そして映画としての新たな進化をこの映画からはじまりました。

マトリックス07

 今の世界が、全く仮想の世界であり、超巨大なコンピータの世界。そして今を生きているはずの自分が、実は仮想の人間…。何とも斬新な発想と最新技術を用いた超リアルな映像。ワタシ的には、その後のPART.2・3は、好きではないのですが、このPART.1の出来映えには驚かれました。



ちょつと01
孤独なキアヌ・リーヴス。
 キアヌ・リーヴスが1人でポツンと公園のベンチに座り寂しそうにランチのサンドイッチを食べているパパラッチ写真が撮られネットで話題になりました。それ以降、キアヌと友達になってあげよう運動が盛り上がったり、ウエブサイトの写真を使ってフォトショップして遊んだりとかで遊ばれている…、そんな世界的名優キアヌさんが凄く良い ?

マトリックス04




※肝心な、映画は…。PART.1は、大好きです !
七点半






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/529-bc09c91b