2014.04.02 凶悪
カッパのみなソン
Selection vol.370



知るべき闇は、真実の先にある。
凶 悪 2013年日本



凶悪01

 ある日スクープ雑誌「明潮24」に死刑囚の須藤純次から手紙が届く…。それは判決を受けた事件の他に彼が関わった誰も知らない3つの殺人事件について告白するものでした。須藤いわく彼が「先生」と呼ぶ首謀者の男が娑婆でのうのうと生きていることが許せず雑誌で取り上げて追い詰めてほしいというのでした。最初は半信半疑だった記者の藤井修一。しかし取材を進めていく中で次第に須藤の告発は本物に違いないとの確信が深まっていく…。(後は映画を観て下さい)



凶悪03

 死刑囚の告発をもとに警察さえ把握していない殺人事件を掘り起こし司直の手を逃れていた首謀者を追い詰めていった新潮45編集部の取材記録を綴ったベストセラーノンフィクション「凶悪 ある死刑囚の告発}を基に事件を追う1人の雑誌記者の執念と驚愕の真相を描くクライムサスペンスです。主演は山田孝之。共演にピエール瀧、リリー・フランキー、池脇千鶴。監督は、「ロストパラダイス・イン・トーキョー」の白石和彌が力強く描きます。


たわごと03
本当は、だれが凶悪…。
 最近の日本映画は、何となくほのぼのと優しい…。しかし、この「凶悪」。想像はしていましたが、かなり「心にイタい」作品です。久々に、後ろから頭を「ガッーン」と、どつかれた感覚。昔観た緒形拳さん主演の「復讐するは我にあり」を彷彿させます。様々な犯罪が日常茶飯事に起こる今、映画以上の現実が当たり前のように報道されます。何かが間違っている今、しっかりと「悪」について語ってくれます。


凶悪04

あらためて知る、
リリー・フランキー & ピエール瀧の演技力。





※肝心の映画は…、心がイタい!!
8点





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/528-01524698