FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.355



手に入れた別の人生。
ランナウェイ 逃亡者 2012年アメリカ


ラン01

 1969年。ベトナム戦争反対を訴える過激派グループ「ウェザーマン」は政府機関への襲撃などその活動を先鋭化させ、FBIの最重要指名手配犯となりますが、彼らは忽然と姿を消します。それから30年、ある日突然、元メンバーの一人が逮捕されます。そのニュースに接した弁護士のジム・グラントは最愛の娘を弟に託し逃亡を図ります。彼の正体は、ウェザーマンのメンバー、ニック・スローンでした…。(後は映画を観て下さい)



ラン02

 「普通の人々」「リバー・ランズ・スルー・イット」のロバート・レッドフォードが監督・主演を務めシャイア・ラブーフ、ジュリー・クリスティ、スーザン・サランドンはじめ豪華キャストのアンサンブルで贈る社会派サスペンスドラマです。30年間にわたって身分を偽り家族との平穏な生活を送ってきた元過激派指名手配犯を主人公にそのスリリングな逃亡劇を通じてかつて同じ志を有したメンバーたちそれぞれの現在と変わらぬ絆を描き出します。


たわごと03
青春への決別、そして自分探しの逃亡。
 ワタシの大好きなレッド・フォードが監督、そして久々に主演する社会派映画。この映画は、タイトルとはウラハラに非常に地味な作品です。そして監督・主演のレッド・フォード、さすがに年を取りました…。顔のシワは勿論、走る姿もお爺さん…。しかし、レッド・フォードだからこの映画は成り立つ、いや彼でなければ成り立たない。ある意味これは彼自身の青春への決別の映画なのかも知れません。


ラン04

超豪華な共演者。
 さすがは、レッドフォードの人脈。この映画の名優たちの豪華共演には驚くばかりだです。オスカー常連俳優がずらり出演し、如何にも彼ら、彼女らしい演技を魅せてくれます。そして若手のシャイア・ラブーフやアナ・ケンドリックも大先輩たちに触発されたかのように熱演をしています。


ラン03


ちょつと01 
実在のウェザーマン 【ウィキペディアより】 
 組織名はボブ・ディランの曲「サブタレニアン・ホームシック・ブルース」の若者文化のスローガンとなった一節「You don't need a weather man to know which way the wind blows」から付けられた。メンバーは裕福な家庭出身の数十人の学生で現在では社会復帰している。アメリカ最大だった反体制組織SDSを飛び出した極左学生グループによって結成され、1969年にテロ活動を開始。
 1970年に堂々とテロを行うと公表し国会議事堂、刑務所、マスコミ、大企業などといった体制側に爆弾を仕掛け数多くの爆破事件を引き起こした。1975年のベトナム戦争終結時に組織が崩壊。メンバーは他の組織に移るか自ら逮捕された。




※肝心な、ドラマは…。ちょっと依怙贔屓かなぁ…。
七点半





スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/508-b044d724