FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.351



奴は怪物、追い詰めるまで、逃さない。
フローズン・グラウンド 2013年アメリカ



フローズン01

 1983年アラスカのアンカレッジ。17歳の娼婦シンディが警察に保護されます。彼女はロバート・ハンセンという男に監禁レイプされ殺されそうになったと訴えます。しかしハンセンは地元警察でも善良と評判の名士でした。当然警察はシンディの証言をまったく信用せず事件化は見送られようとしていました…。ところが、その調書がたまたまアラスカ州警察の部長刑事ジャック・ハルコムの目に留り身元不明女性の変死体発見が相次ぎ同一犯による連続殺人事件の可能性が浮上する中、ハルコムはハンセンに疑いの目を向けます…。(後は映画を観て下さい)


フローズン03

ニコラス・ケイジ vs ジョン・キューザック
 凍てつく冬のアラスカを舞台に80年代に全米を震撼させた実在の連続猟奇殺人犯とその逮捕に執念を燃やす地元警察官の息詰まる攻防を描いたクライムサスペンスです。主演はニコラス・ケイジとジョン・キューザックの二大スター。共演にヴァネッサ・アン・ハジェンズ。監督は、本作が長編デビュー作のスコット・ウォーカー。


たわごと03
アンカレッジ売春婦連続殺人事件。
 この映画は、実際にあった「アンカレッジ売春婦連続殺人事件」。全米を震撼させた猟奇的な殺人事件らしいです。正直、何も知らずに鑑賞し、観るまでは何時ものニコラス映画だと思っていました。スミマセンワタシの勉強不足で、重厚な造りとアラスカの寒さ…、そして交差する真実。当時の裁判で検事が「人間の道を極度に踏み外した変質者」と言い捨てたと言います。


フローズン02

エンドロールが…。
 エンドロールに当時の被害者の方々の写真が次々に流れます。映画の結末よりも、ワタシ的には、エンドロールに流れた被害者の方々の写真が印象に残りました。本当に、こんな事件が実際にあったなんて…。決して楽しくも面白くもない映画ですが、心に響きます。


フローズン04

ジョン・キューザックが…、
ニコラス以上の熱演を魅せてくれます。




※肝心の映画は…、少し地味すぎますね ?
カッパ採点7点





スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/505-60e0415c