FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.342



男は、彼らの「武器」となる為に訓練された筈だった…。
ボーン・アイデンティティー 2002年アメリカ



ボーン01

 ある嵐の夜、イタリアの漁船が洋上に漂う意識不明の若い男を発見します。引き上げられたその男の背中には弾痕があり皮下にはマイクロカプセルが埋め込まれ、それにはスイスの銀行の口座番号が印されていました。男はなんとか息を吹き返すが記憶を失っており自分の名前も分からない状態でした。数週間後、彼は身元の唯一の手掛かりであるスイスの銀行に向買う事に…、その貸金庫にはジェイソン・ボーン名義を含め6ヵ国のパスポートや大金、そして拳銃が入っていました…。(後は映画を観て下さい)



ボーン04

 ジェイソンボーンを主人公にしたロバートラドラム原作の国際ポリティカルサスペンス3部作の第一作目にあたる同名小説「暗殺者」を映画化したサスペンスアクションの秀作です。主演はこれが本格アクション初チャレンジとなる「グッドウィルハンティング」「リプリー」のマットデイモン。監督は、「スウィンガーズ」のダグリーマン。ヨーロッパの各地を舞台に記憶を失った男が戦闘能力を備えた自分の正体を突き止めようと奔走しながら次々と現われる暗殺者たちとの攻防に巻き込まれていくさまをスリリングに描きます。



たわごと03
記念すべきボーンシリーズ1作目。
 もちろんこの映画は「ボーンシリーズ」の記念すべき第1作です。これまで知的なイメージのマット・デイモンがが初々しいアクションを魅せてくれます。記憶を無くした男が何度も命を狙われる…。よく在りそうな設定ですが、それが、このシリーズのリアリティ。そして、彼の強さ、観ていてスカッとします。ワタシ的にはこの1作目が一番好きです。


ホーン03


ちょつと01
意外にもお茶目な、マット・デイモン ?
マット・デイモンが友人で俳優のベン・アフレックと司会者のジミー・キンメルに送ったFAXの内容が話題となっています?
【hollywood-newより】
マットとベンはチャリティーサイト「Omaze」のチャリティー企画に参加しており現地時間14日にベンはジミーにツイッターで、そのチャリティー企画を宣伝してくれたことに感謝の意を表明し「マットいるのか? そうだ。FAXするよ」とつぶやいた。ジミーはそれに対し「マットはたぶんツイッターに参加するのが怖いんだよ。だって誰も彼を好きじゃないから」とジョークで返したのである。するとマットはベンとジミー宛にFAXを送ったようで、ジミーは「ベン、君の友人のマットが僕たちにFAXしたものを見たかい」とツイートしマットが送ったFAXの写真をアップした。そこには「親愛なるベンとジミーへ。これが僕のFAXだよ。愛を込めてMD」と書かれてありお尻をコピー機に押し当てたようなモノクロの写真がついていた。このおもしろい一連のやりとりから3人の仲の良さが伺えるがそれ以上にチャリティーの宣伝になったことは間違いないだろう。


ボーン06

これが、マッドのお尻…。




※肝心な、ドラマは…。お尻はどうでも良いですね ?
七点半





スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/493-8950b861