カッパのみなソン
Selection vol.308



誰がハリエットを殺した?
ドラゴン・タトゥーの女 2011年 アメリカ



ドラ01

 スウェーデンの社会派雑誌「ミレニアム」を発行するジャーナリストのミカエルは大物実業家の不正告発記事が原因の名誉毀損裁判で敗訴し窮地に陥っていました。そんな時、国内有数の企業グループの元会長ヘンリック・ヴァンゲルからある依頼が舞い込みます。それは40年前に彼が我が子のようにかわいがっていた一族の少女ハリエットが忽然と姿を消した迷宮入り事件の再調査というものでせした…。(後は映画を観て下さい)


ドラ02

 スティーグ・ラーソンの世界的ベストセラー・ミステリー3部作の1作目「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」を2009年のスウェーデン版に続き今度は「セブン」「ソーシャル・ネットワーク」のデヴィッド・フィンチャー監督で再映画化した衝撃のミステリーサスペンスです。



たわごと03
世界基準の良質のミステリー。 
 40年前の少女失踪事件の調査を依頼された社会派ジャーナリストの主人公が、社会のほとんど全てに敵意を向ける孤独な天才ハッカーのパンク少女と奇妙な協力関係を築き、次第に明らかとなる巨大財閥一族の忌まわしき秘密に迫るさまをハードなバイオレンス描写を織り交ぜスリリングに描き出します。
 主演は、「007」のご存知、ダニエル・クレイグ。注目のヒロイン、リスベット・サランデル役には大抜擢となる期待の若手ルーニー・マーラの存在感に注目です。


ドラ03

オリジナルは、もっと素晴らしい…!?





※肝心な、映画は…。それでもワタシはこっちが好きです
七点半







スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/438-824468fd