FC2ブログ
いつかみた映画
【其の七十】

きみにも見える、ウルトラの星。
帰ってきたウルトラマン 1971年 TBS〜


ウルトラマン01

 世界各地で地殻変動や異常気象が相次ぎ、眠っていた怪獣が目覚めた。カーレーサーを目指していた青年・郷秀樹は怪獣タッコング暴れ回る中、逃げ遅れた少年と仔犬を庇って命を落としました。しかし、M78星雲から地球を守るためにやってきた新たなウルトラマンが、郷の勇気ある行動に感動し彼と一体化することで蘇らせた。その後、郷は人類の自由と幸福を脅かすあらゆる敵と戦う決意を胸に怪獣攻撃隊MATに入隊。常人離れしたウルトラマンとしての自分と、人間・郷秀樹としての自分とのギャップを抱えながら怪獣や宇宙人と戦うことで成長していきます…。(後は映画を観て下さい)



ウルトラマン04

 この企画は1969年頃に書かれた企画書「続ウルトラマン」から始まり、ウルトラマンとMATチームが復活した怪獣と戦うという基本線はこの時点で確立してたらしいです。同企画書は「ウルトラマン」の約30年後を舞台にウルトラマンが地球に帰ってくるという設定ですでに引退しているムラマツやハヤタが登場し初代を強く意識したものでした。当初は初代ウルトラマンが帰ってくる設定であったため「帰ってきたウルトラマン」というタイトルがつけられたのですが、スポンサーの都合でこの設定は没となり最終的に別人ということになったと言われています。「帰ってきたウルトラマン」という題名は円谷英二によって付けられたと言われています。


たわごと03
テレビの枠を超えた名作。
 ワタシが大好きなのは、第5話「二大怪獣東京を襲撃」と第6話「決戦 ! 怪獣対マット」。ご存知、グドンとツインテールが登場する「帰ってきた〜」の初期の名作です。ワタシ達の世代では、ウルトラマンやセブンより、確か小学校4年生時にオンエアーされたこのシリーズが一番オンタイムで楽しみました。そして、この5話と6話は、確か東宝チャンピンオまつりでも観ました。ゴジラシリーズの珍作・名作の「ゴジラ対ヘドラ」同時上映として、映画版として再編されました。多額の製作費を費やした本編よりも面白かった事を思い出しました。


ウルトラマン02

このデザインは素晴らしい。
 グドンとツインテールのこの形状、凄いです。特にこのツインテール。今見ても全く色褪せない素晴らしいフォルムです。しろくろShowさんにご紹介して頂いた「京都怪獣映画祭3」でも上映されるらしいですね。あの名作との併映でも見劣りしないと思います。




※肝心な、映画(ドラマ)は…。
七点半




スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/425-ccc4ed41