FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.294


おとぎの国でバトルが始まる。
白雪姫と鏡の女王 2012年アメリカ


白雪姫01

 幼い頃に父親である国王を失って以来18歳になる今日まで継母の女王に幽閉されてきた白雪姫。その間女王は散財を繰り返して王国の財政は破綻寸前でした。そこで女王は隣国の若くてお金持ちのイケメン王子との結婚を画策します。ところが王子は白雪姫と恋に落ち怒った女王は白雪姫を恐ろしい怪物がいるという森に追放してしまいます…。(後は映画を観て下さい)



白雪姫03

 有名なグリム童話の「白雪姫」を「ザ・セル」「落下の王国」の映像派ターセム・シン監督がコミカルかつカラフルに描いたファンタジーでコメディです。出演は白雪姫にフィル・コリンズの娘リリー・コリンズ、王子に「J・エドガー」のアーミー・ハマー、そして女王役にはジュリア・ロバーツ。そして2012年1月に惜しくも他界した世界的デザイナー石岡瑛子が本作の衣装デザインを担当されています。


たわごと03
映像作家、ターセム・シン。
何となく、今まで避けていた作品でした、しかし、あのターセム・シンが製作した事を知って、早速TSUTAYAでレンタル。う〜ん…。何とも微妙な作品です。確かに彼らしい奇抜な発想と素晴らしい映像ですが、余りにも単調で分かり易すぎる脚本。フィル・コリンズの娘リリー・コリンズの初々しさにかなり救われたかなぁ…。

白雪姫02




ちょつと01
鳴ちゅるうどん。
 全く、映画とは関係ないのですが、この前、久しぶりに鳴門市のソウルフード「鳴ちゅるうどん」を頂きました。それも超老舗の「大井食堂」。子供の頃、うどん好きのオヤジによく連れてこられました。その頃は「えっ〜うどん…」という感覚でしたが今となると何ともシンプルで素朴な味が何よりものごちそう。お隣うどん王国「讃岐うどん」と比べては「うどん」としては、「天と地」程の差…。しかし、そんな事は個人のかって…。鳴ちゅるは鳴門市民の「心の郷土料理」です。

大井01

 出汁は黄金色で少し濃いめのカツオだし、麺は細めで柔らかく超不揃い。具はねぎと刻み揚げが基本パターンです。出汁との相性が抜群で、寒いときはもちろん、夏バテや二日酔いの時も「ちゅるっ」といける癒し系。一度食べるとまた強烈に食べたくなる不思議な感覚のうどんです。


大井02

「うどん」だけしか無いくせに、何故か「食堂」。メニューはうどん小か大に、ちくわを入れるか卵を入れるかの選択肢。通の方は、うどん大ではなく、うどん小を最低2杯食べられます。その方が麺と汁のバランスが良いのです。





※肝心の白雪姫と鏡の女王…
6半点






スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/419-0e3496ea