2013.11.19 モネ・ゲーム
カッパのみなソン
Selection vol.279

なぜ、盗めない!?
モネ・ゲーム 2012年アメリカ



モネ01

 印象派の巨匠モネの代表作「積みわら」の連作には、消えた1枚が存在していました…。英国の美術鑑定士ハリーは、自分を無能呼ばわりする雇い主の億万長者シャバンダーに仕返しすべく「積みわら」の贋作を使った完璧な詐欺計画を練り上げます。そして話に真実味を持たせるため名画の持ち主役としてテキサスの天然系カウガール、PJを相棒にスカウトします…。(後は映画を観て下さい)




モネ03

 シャーリー・マクレーンとマイケル・ケインの共演による60年代傑作コメディ「泥棒貴族」を「ノーカントリー」のコーエン兄弟が脚本を手がけて新たな物語に仕上げ「英国王のスピーチ」のコリン・ファースと「チャーリーズ・エンジェル」のキャメロン・ディアス主演で映画化したクライムコメディです。印象派の巨匠モネの贋作詐欺を計画した英国の美術鑑定士が相棒に起用したテキサス娘に振り回され、次々とハプニングに見舞われるドタバタ詐欺計画の行方をコミカルに描きます。共演はアラン・リックマン、スタンリー・トゥッチ。監督は「ソープディッシュ」「終着駅 トルストイ最後の旅」のマイケル・ホフマン。



たわごと03
何となく懐かしい…。
 オープニングのクラッシックなアニメ…。何となく懐かしい、あの名作「ピンクパンサー」を彷彿させるコミカルなアニメ。そして本作は超豪華な映画人によるコメディ。しかしワタシ達、いやワタシ的には、何とも微妙な笑い…。

モネ04

笑うって、難しい。
 ワタシは映画に対しては、結構公平に観る人間と勝っても思い込んでいます。アニメでも怪獣映画でもホラーでも、文学でも、好き嫌いなしで、それなりに鑑賞できると思っています。しかし、そんなワタシでも難しいと思うジャンルは「コメディ」だと思います。笑いのセンスは、その国の文化や歴史以上にその国の人々しか理解できないものがあります。日本人には日本人にしか理解できない「笑い」。もちろんアメリカでもヨーロッパでも同じだと思います。この「モネ・ゲーム」でも笑えるコンテンツが少しズレているような気がします。

それでもこの映画は「嫌いではない」です。



※肝心の映画は…、キャメロン・ディアスも年取った…。
カッパ採点7点





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/401-125efd2a